読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

最低。

最低。

最低。

作家
紗倉まな
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2016-02-12
ISBN
9784040681979
amazonで購入する

最低。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナイスネイチャ

図書館本。AV女優が描いた4作短編集。決して軽い感じではなく実体験からなのか、リアルな表現が感じられました。女優の恋愛、家族、会社など切ない話でしたが、次回作も読んでみたいですね。

2017/10/08

おしゃべりメガネ

「紗倉まな」さんの作品で、正直思っていた以上にしっかりとした作品でした。文章も会話の流れも悪くはないので、もっと本格的にご自身が書いてみたい作風を頑張って書いてほしいなと思います。4編からなる連作集で、読みやすく、ボリュームも適度なのでサラッと読むにはちょうどいいレベルかなと。最初の2編では予想外に北海道は釧路、網走なんかの地名もチラっと登場し、作者さんの何か思いがあったりするのかなと感じてしまいました。全体を通していろんな意味での‘ウスさ’は否定できませんが、今後も書き続けてほしい雰囲気のある作風です。

2016/06/16

タックン

(人気AV女優が書いた)ってことで話題の短編集。AV業界のことを書いてあったけど意外に官能的でもなくグロクもなくて複雑な女性心理を繊細にわかりやすい文章で描いてて驚いてしまった。この子才能あるかも?ただ1編くらいAV女優の光と影みたいな等身大の姿を描いて欲しかったかな。(最低)って題名の意味がつかみきれなかったな。十分読む価値がある短編集なのでぜひ読んでみてください。

2016/04/18

えちぜんや よーた

生きてたらすっきりと割り切れんことっていくらでもある。でも考え出したら、キリがない。句読点が多い文章は、「それでもとりあえず前に進もう」という考えが無意識に出てきたのでは?。4人の登場人物に共通する「ゆるふわ」感は、女性の内面がしっかり捉えられていてリアルな感じがする。

2016/04/17

あも

AV女優、プロダクション社長、女優の娘などAVに関わる人物を各編の主に据えた短編集。現役人気AV女優の小説家デビュー作。という冠がないと箸にも棒にも引っかからなかっただろうなぁ、という程度。別に際立って扇情的だったり官能的だったりする必要はないが、撮影現場ではこんな工夫が…や、自身や友人が女優だからこそ描ける矜持や葛藤といった業界のプロならではの描写が特になかったのは残念。そういうものを見ないんですよ~というアピールでは決して無いが、著者の名前を知らなかったので検索したらもの凄いヒット数だったのに驚いた。

2018/07/17

感想・レビューをもっと見る