読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いのちの車窓から

いのちの車窓から

いのちの車窓から

作家
星野源
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-03-30
ISBN
9784040690667
amazonで購入する Kindle版を購入する

「いのちの車窓から」の関連記事

星野源、Instagramで新曲「うちで踊ろう」を弾き語り!

 本誌『ダ・ヴィンチ』でエッセイ「いのちの車窓から」を連載中。音楽家、俳優、そして文筆家としても活躍する星野源。  その星野が自身のInstagram(https://www.instagram.com/iamgenhoshino/?hl=ja)で、新曲「うちで踊ろう」を発表している。

この投稿をInstagramで見る 家でじっとしていたらこんな曲ができました。  ”うちで踊ろう”  たまに重なり合うよな 僕ら 扉閉じれば 明日が生まれるなら 遊ぼう 一緒に  うちで踊ろう ひとり踊ろう 変わらぬ鼓動 弾ませろよ 生きて踊ろう 僕らそれぞれの場所で 重なり合うよ  うちで歌おう 悲しみの向こう 全ての歌で 手を繋ごう 生きてまた会おう 僕らそれぞれの場所で 重なり合えそうだ  #うちで踊ろう #星野源  誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな? Gén Hoshino 星野源(@iamgenhoshino)がシェアした投稿 - 2020年 4…

2020/4/3

全文を読む

関連記事をもっと見る

いのちの車窓から / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

岡本

劇場版聖☆おにいさんを観て、真田丸を観て、昨年末にエッセイ本を読み、今年の頭からANNを聞く様になりと少しづつ星野源にハマりつつある。ラジオでもよく話に上がる人達の事や、日々の生活の話など星野源のありのままを綴ったエッセイ本。本人は否定するだろうけどやっぱり多才だわ。

2017/09/23

あや

正に「星野源」という一冊。ありのままの彼の姿が描かれており、パラパラと捲るだけで「星野源」が溢れてくる。 やはり読んで良かったと思わせてくれました。

2017/04/22

Mr.チャーリー

星野源。NHK大河ドラマ真田丸に出演していたのを見て、気になっていた人です。 彼の生活感がとても身近に感じられるエッセイだと思いました。 人生、毎日いろんな人と出会い、様々な場所に行き、たくさんの事を経験します。 そうした事を彼の五感をフル活動させて書かれた文章からは、素直で率直な気持ちがバンバン伝わってきます。 仕事柄、健康に気をつけてください!と思わずささやいてしまいました。 堅い内容の本を読む合間に読むと、とても気分転換になる本だと思います。

2017/05/16

新手田 円花@芸術をも超越する現実☆彡

王様のブランチで見て以来気になり購入して読み出しました。只今、人気の頂点的な著者の星野さんは、幾つもの映画やドラマで活躍しつつ歌手としても紅白に出るほどの大物ですが、人生の浮沈も味わいながら今があるという事を思い知らされる内容や雰囲気を堪能させてくれる楽しい内容でした。意外にも泣きたくなる様な見事な人生も爽やかに盛り込まれおり重みのあるエッセイとなっている気がしておりました。

2017/05/02

Die-Go

図書館本。当代きっての人気者になった星野源の『ダ・ヴィンチ』誌での連載エッセイに書き下ろし二編を加えたもの。過去のエッセイ集からはうってかわって下ネタを封印してしまったのかな?掲載誌の都合もあるか。でも、彼の人気が出る歴史を追う上ではなかなかに楽しめる内容だったか。★★★☆☆

2018/02/28

感想・レビューをもっと見る