読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

男装女子と女装男子が結婚しました。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

男装女子と女装男子が結婚しました。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

男装女子と女装男子が結婚しました。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

作家
やまだあがる
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-03-16
ISBN
9784040697154
amazonで購入する Kindle版を購入する

「男装女子と女装男子が結婚しました。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)」のおすすめレビュー

妻が男装、夫が女装…。「逆転夫婦」の結婚は、セクシャリティを越えたあたたかさにあふれている?

『男装女子と女装男子が結婚しました。』(やまだあがる/KADOKAWA)

 高校生のとき、性教育の授業で「性別は男女の二項対立ではなく、一人ひとりグラデーションがある」と言われたことがずっと頭に残っている。なるほどたしかに、身体が女でも内面はまるで男のような友人もいるし、自分だって服や化粧ははいわゆる“女の子らしい”のが好きだが中身までそれに寄せたいとは思わない。だから「セクシャルマイノリティ」と言われる人たちは別に特別でもなんでもないのだと、すとんと腑に落ちたのだ。

 そもそも世界中に何十億人もいる人間を「男」か「女」というたった2種類の枠に押し込もうとするのが無理な話なのだ。そして最近、筆者がその考えをさらに強めるきっかけとなった一冊が『男装女子と女装男子が結婚しました。』(やまだあがる/KADOKAWA)だ。

 著者であるあがるさんは女性として生まれたものの、小学生のころから女の子らしい格好をすることに違和感があった。大人になってからは男装をして過ごし「オナベホスト」として働いた経験もある。病院ではトランスジェンダーだと診断されたが、性転換手術…

2018/4/10

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「男装女子と女装男子が結婚しました。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)」の関連記事

「性別がない」ってどういうこと? 漫画で学ぶLGBTまとめ

 LGBTという言葉が定着してきている。L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダーという言葉の定義は知っていても、具体的な個人に触れる機会がなかったという人も多いのではないだろうか。「どう生きて、誰を愛するか」というテーマは性の範囲にとどまらず普遍的なもの。まずはマンガで理解を深めていきたい。

このまとめ記事の目次 ・IS(アイエス) ・性別が、ない! ・ぼくたちLGBT ・弟の夫 ・ぼくのほんとうの話 ・ぼくらのへんたい ・女どうしで子どもを産むことにしました ・男装女子と女装男子が結婚しました。 ・さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ ・すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

■IS(インターセクシャル)は2000人にひとり。 “私たち”を知ってください

『IS(アイエス)』(六花チヨ/講談社)

関連記事はこちら

 IS(インターセクシャル)という言葉を聞いたことはあるだろうか。生まれついての身体特徴が、男女どちらにも分類できない半陰陽の人のことだ。幼少時に、社会的に(多くは親が)選択した性別と、成長してからの性自…

2018/9/28

全文を読む

【連載】『男装女子と女装男子が結婚しました。』第10回「会ってもいないのに」

【第3回 新コミックエッセイプチ大賞 ライブドアブログ賞 受賞作】 夫&妻とも性同一性障害を持つ“逆転夫婦”は、毎日が騒動の連続!

免許証の写真が実物と違いすぎ! 実家への挨拶の時だけは○○○を装着!?

男装女子の妻×女装男子の夫が織りなす、爆笑の“逆転夫婦ライフ”コメディ。

2018/6/20

全文を読む

関連記事をもっと見る

男装女子と女装男子が結婚しました。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みき

最近トランスジェンダー、LGBTについて広く知られ、寛容な社会づくりが進んでいるように感じる。この本を読んで、性に悩む人も多種多様なんだと気づかされた。各個人が生きやすく、楽しく過ごせるのが一番だよなとも思った。コミックエッセイなので、さくさく面白く、楽しく読めた。

2018/03/21

chatnoir

図書館本。肉体的な性別と精神的な性別が一緒で無い人は不特定多数いる。たぶん生きにくい人が多いのだろうと思う。けど、このお二人はほのぼの仲良しで楽しそう。時々はぶつかり合うんだろうけど、ずっと仲良しでいて欲しい。

2019/01/23

Sari

コミックエッセイなので読みやすいです。著者のあがるさんとアンズさんの関係性が素敵。こういうのみているといろんな人がいるんだなぁと思った。楽しく過ごせるのが一番。

2018/06/24

あやっぴ

性別って奥深いと思った。 著者のあがるさんは女性ですが、普段男性の格好をしている。 性別適合手術は受けてないから胸はある。 恋愛対象はずっと女性だったが、結婚したのは女装をしている男性。 子どもが欲しくて、産婦人科で不妊検査も受けている。 世の中には色々な人がいるって、知ることができて良かったです。

2018/06/30

ゆうこすたー

ネットでみて興味を持ったので。 トランスジェンダー、なかなか生きにくい性質だと思うけれど、彼も彼女もありのままを受け入れてくれる人に出会えて良かったね

2018/04/15

感想・レビューをもっと見る