読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん (富士見L文庫)

おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん (富士見L文庫)

おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん (富士見L文庫)

作家
竹岡葉月
おかざきおか
出版社
KADOKAWA/富士見書房
発売日
2016-05-12
ISBN
9784040708836
amazonで購入する Kindle版を購入する

「おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん (富士見L文庫)」の関連記事

イケメンと半額シール。そして彼のベランダで見たものは…/『おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん』⑤

進学を機に一人暮らしを始めた大学生の栗坂まもりは、お隣住まいのスーツの似合うイケメンデザイナー亜潟葉二に憧れていた。 ある時ひょんな事からまもりは葉二に危機を救ってもらうのだが、それは憧れとはほど遠い、彼の真の姿を知る始まりで……!? ベランダ菜園男子&野菜クッキングで繋がる、園芸ライフラブストーリー。

『おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん』(竹岡葉月:著、おかざきおか:イラスト/KADOKAWA)

 寝室から出てきた亜潟葉二は、黒いジャージの上下に、太い黒縁のセルフレーム眼鏡という出で立ちだった。

 そりゃあ眼鏡が似合うだろうと思ったことはある。しかしあれはカルバン・クラインのコレクションラインに、銀縁細めのチタンフレームであって、こんな三本ラインジャージにゴンぶと黒縁ではない。

 スーツの時は絶妙なお洒落パーマだった髪型も、現状では『寝癖』の二文字がしっくり

くる。

「……なに? 俺の顔に何かついてる?」

「いえ……ふ、普段はコンタクトなんですねと……」

「そう。めちゃくちゃ度がきついから、一日はつけてられないんだわ。外すと生き返るってか、肩こるしな…

2019/7/31

全文を読む

ストーカー男から救ってくれた隣人のイケメンと急接近!? だけど…/『おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん』④

進学を機に一人暮らしを始めた大学生の栗坂まもりは、お隣住まいのスーツの似合うイケメンデザイナー亜潟葉二に憧れていた。 ある時ひょんな事からまもりは葉二に危機を救ってもらうのだが、それは憧れとはほど遠い、彼の真の姿を知る始まりで……!? ベランダ菜園男子&野菜クッキングで繋がる、園芸ライフラブストーリー。

『おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん』(竹岡葉月:著、おかざきおか:イラスト/KADOKAWA)

「――はあ、なんだよおい。関係ないだろ、殺すぞ!」

 ひときわ大きく響いた男の怒声に、ぞっとした。

(殺す!?)

 冗談じゃない。そんなの駄目。

 まもりはベランダからリビングへと飛び込み、廊下を走って、玄関のドアを開けた。

 恐ろしいことに、かけたかどうかわからなかった鍵は、かかっていなかった。

「亜潟さん!」

 共用廊下に顔を出すと、右隣の部屋のおじさんも、そのまたお隣の若夫婦も、表に出てきていた。

 そして、スーツの上着を脱いだ状態の亜潟葉二が、長髪男の関節を逆に決めて、床に押し倒していた。

 男は組み敷かれた格好のまま、すがるようにまもりを見上げてくる。

「…

2019/7/30

全文を読む

関連記事をもっと見る

おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん (富士見L文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スズ

大学進学を機に一人暮らしを始めた大学生の少女と、隣の部屋に住む家庭菜園を趣味にしているサラリーマンの青年との交流のお話。主人公の少女が青年に、家庭菜園やベランダでも育てられる野菜の知識を教えてもらったり、自分でも果物を育ててみたり、二人の交流と気持ちの変化が丁寧に書かれていたと思う。また、野菜に関する豆知識や料理のレシピも得られます。しかし、アパートやマンションで家庭菜園をするって、ベランダのスペースに限りがあるから、育てる野菜を厳選しないといけないだろうなあ。次巻が出れば、買おうかなと思った。

2016/09/06

misa*

読友さんが読んでいて、楽しそうだなーと思い購入。ライトにスラスラっと読める!女子大学生の子と、ドSイケメン男のストーリーは、少し若い人向けなのかな?と思っちゃうけど、お話に登場するお料理や野菜達がとにかく素敵!家庭菜園をチョロっとしてるあたしですが、もう土いじりしたくてウズウズしちゃうし、勉強にもなる作品。野菜本来の食べ方だなーと、蒸し料理では感じました。また続き読みたいなー。

2017/09/05

yanae

気になっていたシリーズ。さわやかに明るく読み終えました。ひょんなことから練馬のアパートで一人暮らしを始めた大学1年生のまもり。ひそかに憧れていたお隣さんに助けてもらってお近づきに。おいしいベランダ=ベランダでの野菜栽培。自分で育てたものを収穫して食べるって素敵。園芸にはまっていく主人公。ラブストーリーあり、野菜の豆知識もあり、楽しく読めます。ただ、ストーカーの件は怖いし、ふつう親に話したら即連れ戻されるのでは…?と思ったけど今後の二人が楽しみ♡ヤングコーンは私も同じ勘違いしてた!

2018/12/17

しいたけ

何でだろうと考えたけれど、よくわからない。どうして私はこの本にどハマりするのか。『図書館戦争』にテイストが似ているせいか。あれは小説も好きだし映画は5回も観に行った。堂上教官のツンデレと『おいベラ』(愛を込めて勝手に略)の葉二のツンデレが重なって、正直もうデレデレでテレテレ。普段ツンなのに熱でぶっ倒れたときに美味しいお粥を作って看病してくれるシュチュエーションは、やっぱり大好きな『欲ばりな首すじ』と同じで、もうモエモエでアヘアヘ。なかなか付き合わない焦ったさもいい。ドラマ化するなら桃李がいい(小さい声)。

2017/07/10

ねむねむあくび♪

恋愛要素よりも、ベランダ菜園に夢中になった😁笑笑。野菜の事やファーマーズマーケットなどの情報が詳しくて面白いが、登場人物や行動は突っ込みどころ満載( ̄▽ ̄)

2020/01/24

感想・レビューをもっと見る