読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

甘城ブリリアントパーク 6 (ドラゴンコミックスエイジ)

甘城ブリリアントパーク 6 (ドラゴンコミックスエイジ)

甘城ブリリアントパーク 6 (ドラゴンコミックスエイジ)

作家
賀東招二
吉岡公威
なかじまゆか
出版社
KADOKAWA
発売日
2016-10-08
ISBN
9784040720531
amazonで購入する Kindle版を購入する

甘城ブリリアントパーク 6 (ドラゴンコミックスエイジ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

わたー

★★★★★漫画版最終巻。原作6巻での栗栖との対峙シーンから始まる今作は、原作のエッセンスを入れつつも漫画独自のルートになっており面白かった。原作を読んだときには気づかなかった、解呪方法を知る手段も納得のいくもので満足。最後は駆け足ぎみだったものの、1巻の衝撃的な場面を想起させる展開はよかった。

2016/10/08

alleine05

漫画版オリジナルの終わり方を迎えたそうでどんな終わり方になったのかなと読んでみた。まあまあかな。「おおおおおっ!!!」と声をあげるような盛り上がりとは言えないけど、これはこれでアリかなぐらいには思える決着だった。原作の方はどんな結末になるかね。そしていつのことになるだろう。

2016/10/16

うぃうぃ

突然の最終巻だったので打ちきりエンド感が存分に出るのだろうなと思ったら、これはこれでひとつのルートとして「コミック 甘城ブリリアントパーク」としてまとまった作品になっていました。伏線の回収、まさかここまできっちりやるとは思っていなかったので驚きです。原作もラストはこれなのかな……?アニメが少し残念だった分コミカライズのよさが光りました。面白い作品をありがとうございました。

2016/10/10

みつばち

完結

2016/10/14

コリエル

完結。アニメでは描かれなかった設定まわりがわかって、なるほどって感じ。原作はまだ続いているようだし、西也の記憶はこの後戻ったのかな?

2016/10/08

感想・レビューをもっと見る