読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひそねとまそたん 名緒のそら (単行本コミックス)

ひそねとまそたん 名緒のそら (単行本コミックス)

ひそねとまそたん 名緒のそら (単行本コミックス)

作家
BONES・樋口真嗣・岡田麿里
青木俊直
和場 明子
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-11-09
ISBN
9784040728827
amazonで購入する Kindle版を購入する

ひそねとまそたん 名緒のそら (単行本コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まめむめも

初読。アニメが面白かったので。大筋はそのままだけど、色んなエピソードがカットされていて寂しい。ジョアのおばちゃんとか、他基地から来たDパイのドラゴンからの降り方とか。それに思いっきり途中で終わってる…名緒のそらだから?他の人のも描いてほしいなぁ。

2018/11/15

実はアニメをまだ観ていない。なんか喰われちゃうつうのがなあ。とりあえず青木先生の画で確かめ。丸い線がメカメカしないところに合っている。

2018/11/12

十二月の雀

樋口真嗣氏の云うとおり、線がとてもいい。ずっと見ていられる、アニメは見てないけど……。

2018/11/27

多津子

アニメキャラクター原案の人が描いたもの。Dパイになれなかった名緒の視点が中心だが、他の子たちのエピソードもある。アニメのほんのさわりのような部分で、また本編を見返したい。

2019/06/08

エリオちゃん

名緒さんの視点でひそねとまそたんのストーリーの再構成。 ひそねの独り言垂れ流しに共感する。 アニメ2期やらないかな。ひそまそのポテンシャルはまだまだあると思う。

2018/12/07

感想・レビューをもっと見る