読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

式神仙狐の思い出帖 (富士見L文庫)

式神仙狐の思い出帖 (富士見L文庫)

式神仙狐の思い出帖 (富士見L文庫)

作家
栗原ちひろ
ハルカゼ
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-10-15
ISBN
9784040729299
amazonで購入する Kindle版を購入する

式神仙狐の思い出帖 (富士見L文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あゆみ

★★★★☆ 表紙に惹かれて購入。病弱で天然でも意思は強い嘉月と、口は悪くても嘉月を守るツンデレな式神仙狐の冬青のやり取りがおもしろい。

2018/11/07

よっしー

図書館で見かけた1冊。設定としては面白かったのですが、話が少し駆け足で分かりにくい部分があったまま進んでいった印象です。最後は「そよご」との関係も分かり、明るい未来が待っているのかなという感じで終わったのが良かったです。

2021/07/23

なつ

なんとなく雰囲気が夏目友人帳に似てる気がした。でもこれはこれで面白かった。

2019/10/17

みやち🦊

表紙買い。設定は好きで記憶を失いながらもどこか朗らかでいて、垣間見えるダークな面もある。ほど良いバランスで読みやすかったのですが真実が分かってからの展開が早く感じました。もう少し、欲を言えば次巻で過去の真実がわかっても良かったような気がします。軽く、狐や妖怪が出てくる話が読みたいときにはお世話になれる、そんな一冊でした。【2019年読み納め】

2019/12/31

うさぎや

病弱すぎる青年と祖母の式神と名乗る狐が喪われた記憶をめぐってどたばたしたりしなかったり。微妙にズレたふたりの関係がいい。

2018/10/21

感想・レビューをもっと見る