読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うちの娘は少しおかしい (ドラゴンノベルス)

うちの娘は少しおかしい (ドラゴンノベルス)

うちの娘は少しおかしい (ドラゴンノベルス)

作家
第616特別情報大隊
水あさと
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-08-05
ISBN
9784040736396
amazonで購入する Kindle版を購入する

うちの娘は少しおかしい (ドラゴンノベルス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ささやか@ケチャップマン

イラスト描いてる漫画家の水あさとが、マジで自分で漫画描いてそうなノリのラノベ(笑)。いい組み合わせ持ってきたな編集って感じなので、できれば続刊してほしいんだけどなあ。

2021/02/20

菊地

主人公のズレた感覚や行動が金と権力と主人公のスペックで正当化されていく話。マフィアの権力が色んなところで振るわれるんだけど、何だかんだで最大多数の最大幸福のように収まるところに収まるので、余計なストレスなく読める。そして作風とイラストの親和性が極めて高かった。

2020/08/11

NT-R27

 世界観を想像せずに記号的な高校学園異世界ファンタジーものを作った後、思考停止して登場人物の年齢を6歳にしただけの作品。ただでさえ登場人物の非常識さや変態性が目立つというのに、そのまま6歳児にしたせいで筋が完全に破綻している。必然性も全くなく、時折「6歳児だから仕方ない」とご都合主義な免罪符に使われる。  更に、地の文が機能しておらず、作者の思いつきをダダ流しするだけの感想文と化している。  これを出すと決めた編集部への不信すら喚起させる怪文書の域。是非、「うちの編集部は少しおかしい」と猛省して戴きたい。

2020/08/25

感想・レビューをもっと見る