読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オーク英雄物語2 忖度列伝 (ファンタジア文庫)

オーク英雄物語2 忖度列伝 (ファンタジア文庫)

オーク英雄物語2 忖度列伝 (ファンタジア文庫)

作家
理不尽な孫の手
朝凪
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-12-19
ISBN
9784040736662
amazonで購入する Kindle版を購入する

オーク英雄物語2 忖度列伝 (ファンタジア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しまふくろう

続けて購入。絵は可愛らしく色気があって大変良い。 物語は婚活ブームのエルフの国で嫁探しをする話。サンダーソニアの面倒くさい性格が面白い。この手のジャンルで知性や人間性(?)が残ったゾンビって何気に珍しい気がする。 あとがきの「エルフの村を燃やしたい」には笑った。 ドワーフの国で嫁が見つかるのか、続きが楽しみ。

2020/12/27

サケ太

今回も面白い。誤解が誤解を呼んで、きれいな終幕へ。オークの戦士としての誇りはグッと来るものがある。サンダーソニアが好きすぎる。サンダーソニアとバッシュの道は再び交わるのか。再開に期待。

2020/12/21

AKF-ZERO

オーク婚活物語。オークの英雄バッシュは相棒のフェアリー・ゼルと共に、嫁さん求めて今度はエルフの国へ。第二嫁候補は因縁あるエルフの大英雄サンダーソニア。この二人、戦闘ではなんだかとても息が合いそうです。今のところ一冊一ヒロインの嫁候補の登場って感じですね。サンダーソニアは推しなので、今後もちょくちょく出番ありそうで楽しみです。

2020/12/21

のれん

前巻と同じくアンジャッシュ展開を繰り返すのに、サラッと読める。 地の文の解説が「当然違うのだけど」とお約束を解説するので、忖度の流れを共有して、展開が早いからだ。 この流れで描くなら差別化はむろんキャラの一手にかかっている。今巻のヒロインのエルフは戦中での繋がりがあったり、作中屈指のメスガキロリババアだったり(心なしか挿絵にも気合い入ってたような)と、おいしい役どころだったので楽しく読めた。 ラストの展開もエルフが準レギュラーになることを見越してだろう。これからもインパクトあるキャラを期待するとしよう。

2020/12/20

サキイカスルメ

エルフとオークは相性が良いのか悪いのか。嫁探し旅をしているオークの英雄バッシュとおしゃべり妖精ゼルが、異種婚活ブームのエルフ国へ訪問する2巻。今回も、すがすがしいほどのすれ違いっぷりでした。バッシュの紳士っぷりと腕っぷしの強さは、モテそうなんだけどなぁ。英雄すぎて、行動を深読みされてしまうからか。ソニアは、残念エルフさんで面白可愛かったです。微笑ましいおばあちゃま(見た目はロリ)ですよね、うん。

2020/12/23

感想・レビューをもっと見る