読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

紅霞後宮物語 第十二幕 (富士見L文庫)

紅霞後宮物語 第十二幕 (富士見L文庫)

紅霞後宮物語 第十二幕 (富士見L文庫)

作家
雪村花菜
桐矢隆
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-12-15
ISBN
9784040739144
amazonで購入する Kindle版を購入する

紅霞後宮物語 第十二幕 (富士見L文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

待望のシリーズ最新刊。仙娥の謀により冷宮送りになった小玉。はあ?結局仙娥は何がしたかったの?が正直な感想だけど(笑)元々庶民だからか味方を増やしてイキイキする小玉はさすがでしかない♪このシリーズは本当に普通の後宮小説と一味も二味も違ってヒーローとヒロインの関係性が一進一退、二歩進んで三歩下がるみたいな感じで笑、もうどうなるか分からない!物語の着地点は一体どこへ?皇后じゃなくなった小玉、少女小説にあるまじきヒゲを蓄えた(笑)文林との関係は一体どうなるの?なんだか今までのシリーズとは違った読後感でした。

2020/12/22

よっち

仙娥によって皇后の地位を剥奪され、後宮の最下層・冷宮に落とされた小玉。粗末な衣で下働きに従事する一方、支持者たちは復帰に向けて動き出す第十二弾。表紙の文林のヒゲ…後の展開を思うとつい笑ってしまいましたが、悲惨なはずの冷宮暮らしもどこまでもついてくる清喜たちの存在が効いていて、むしろ小玉が不在だった後宮の動きの方が今後に影響してきそうな…顛末としてはどうにかこうにか無難なところに落ち着きそうですけど、年月の経過を痛感する描写もあって、一度気づいてしまったこと、変わってしまったものはもう元に戻れないですね…。

2020/12/15

はなりん

仙娥編?の決着。冤罪で廃后され冷宮行きになった小玉。皇帝の文林も小玉も、絶対的な味方が減ったなぁ。冤罪にも関わらず、跳ね返せる力がない。0幕が仲間で囲まれているだけに、なんだか寂しい。最後は2人の関係が新たなものとして、また近づいた感じなので、よかったかな。

2021/10/02

きょん

茹仙娥騒動の背景にはもっと壮大な陰謀や権力があるんじゃないかと思っていたので、茹王の悲願とある意味一途な女の愛情によるものとはスケール小さくてそれでここまでもめる後宮運営はやっぱり問題ありそうだ。幕引きもあっさりしてると思うけど、嬰児をあやしながらの小玉と文林の会話が一番大事だったのかな。

2021/03/08

サン

紅霞後宮シリーズ本編12巻。悪女編の終結。文林の子を妊娠した仙娥。罠にはまり冷宮行きとなる小玉。体調を崩しながらも小玉を救うため策を練る文林。最近の展開は心が苦しくなっていく。文林と小玉が歩み寄るにはこれくらいが必要だったということだろうか。

2021/01/31

感想・レビューをもっと見る