読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わたしの幸せな結婚 五 (富士見L文庫)

わたしの幸せな結婚 五 (富士見L文庫)

わたしの幸せな結婚 五 (富士見L文庫)

作家
顎木あくみ
月岡月穂
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-15
ISBN
9784040739489
amazonで購入する Kindle版を購入する

わたしの幸せな結婚 五 (富士見L文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いくつかの違和感が全編を通して漂い、自分の中で咀嚼しきれない。美世は強くなったと思っていたけどここに来ての弱腰と優柔不断に、どこか物語を引っ張りたいのかなという嫌らしい穿った見方をしてしまい、純粋に物語を楽しめなかった。現代のリモート飲み会もどきの『婦女子の会』なるもがおちゃらけて浅く感じたのも理由の一つか。美世が持つという「異能」の全貌が姿を現しタイトル通りの結末を次巻で見せて欲しい。

2021/07/17

アクビちゃん

美世が、どうして清霞への想いを抑えているのか理解出来なかったけど、そいう事なのね。(´д⊂)‥ハゥ もどかしい〰 人を愛すると、それしか見えなくなりそうで、怖いだなんて… 美世ちゃん!若いし、それで良いのよ♡と、背中を押して押しまくりたーい❣ 新の裏切りは、なーんとなく予想出来たし、ビックリする展開もなく、甘水との攻防戦がメインで、あまりキュンキュンしなかったので、次回はキュンキュン増しでお願いします(笑)

2021/07/27

よっち

清霞への想いに気がついた美世。帝都では異能心教の侵出が進み、美世たちは皇太子・堯人の提案で宮城に身を寄せる第五弾。過去の記憶から変化を怖れて、想いが告げられない美世に、ある夜、清霞から告げられた思わぬ本心。不器用すぎる美世と清霞は、清霞が思っていることを少しずつつでも語るようになって、心を通わせることができるようになって良かったなと思いましたけど、情勢的としては内通者だらけの後手後手に回る展開で、かなり厳しくなってきちゃいましたね…ここから巻き返せるのか、美世が幸せになるためにも頑張ってほしいところです。

2021/07/14

☆(´(ェ)`)☆

e-honで予約して受け取り即日読み切りました!思いは伝えなくちゃね!え〜と、キュンと先が気になる。が、次はいつ発売されるの?!モヤモヤ読了。次で完結にはならないよな…あまり引っ張らないで欲しいです。ここはサクッとデレ甘で♪

2021/07/21

ミヤビ

「私の幸せな結婚」第5巻。異能心教の脅威が高まり、美世たちは堯人の宮城で過ごすこととなる。 ファンタジー色が強いなぁと思いきや、尊いほどのラブもあり、心臓がいくつあっても足りません。美世により甘水直の目指す世界も明らかになり、より警戒を強めていく……。思いは通じ合っているはずなのに美世はおこがましいと思ってしまい、態度でバレバレだが口を閉ざす。う〜ん、もどかしい! 一方清霞はいつもより美世に対して甘々で、思わず口元が緩み、ニヤけが止まりません。異能心教を滅し、結婚することができるのか。楽しみですね。

2021/07/20

感想・レビューをもっと見る