読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

紅霞後宮物語 第零幕 五、未来への階梯 (富士見L文庫)

紅霞後宮物語 第零幕 五、未来への階梯 (富士見L文庫)

紅霞後宮物語 第零幕 五、未来への階梯 (富士見L文庫)

作家
雪村花菜
桐矢隆
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-15
ISBN
9784040741802
amazonで購入する Kindle版を購入する

紅霞後宮物語 第零幕 五、未来への階梯 (富士見L文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

外伝もとうとう5巻に!(作者さん的にはこちらが実は本編的とのこと)小玉、将軍になるの巻。第零幕は正に小玉伝。本編の登場人物達の土台となる歴史が読めて嬉しい。今巻も色々な出来事があるけれど、そこまで大きな山場があると言うよりか復卿の死から静かに物語が進行する感じ。班将軍や王将軍と色々あったり泰や米中郎将が退職したり白夫人と運命の出会いを果たしたり!少し回りくどい感じはしたかな…それが良さでもあるけど。というか表紙右の人!清喜かと思ったらまさかの!!なんかスタイリッシュ過ぎない…?笑 とてもイケメンだけれど!

2021/08/13

よっち

思わぬ襲撃により腹心の部下復卿を亡くした小玉。その死が周囲に波紋を投げかける中、喪中で官職を辞していたはずの文林が陣営にやってくる前日譚第五弾。復卿の死を悼む恋人・清喜を思いやる周囲の人々、喪中に文林がやってきた理由、戻ってからの日々と官から去りゆく人々、そして思ってもみなかった人事。戦後処理的なあれこれが続く中で、宮仕えをする面倒くささが垣間見えたり、日常的な描写がわりと多かった印象でしたけど、いろいろなめぐり合わせの末に軍で出世していくことになる小玉の数奇な運命を、改めて感じずにはいられませんでした。

2021/07/15

はなりん

本編で出てこなくなった人達の顛末や最期が捕捉された巻。また、本編で関わる人達が過去で小玉が軍人としてどのように関わったかがわかる。本編の最初がそろそろ近づいて来たかな?でも、やっぱり本編より0幕の方が好きだなぁ。小玉も周りのキャラもこの頃の方が魅力的。

2021/11/28

サン

紅霞後宮シリーズの零幕5巻。本編より前の物語。小玉が将軍となり、白夫人と出会う。しかし、作者としてはこの第零幕が本編らしい。なるほど、物語とは止まらず進んで繋がるものだからどちらも濃いな。

2021/08/12

きょん

復卿戦死から小玉将軍着任迄。

2022/07/12

感想・レビューをもっと見る