読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

グーグル、アップルに負けない著作権法 (角川EPUB選書)

グーグル、アップルに負けない著作権法 (角川EPUB選書)

グーグル、アップルに負けない著作権法 (角川EPUB選書)

作家
角川歴彦
出版社
KADOKAWA
発売日
2013-10-10
ISBN
9784040800011
amazonで購入する Kindle版を購入する

グーグル、アップルに負けない著作権法 (角川EPUB選書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Humbaba

これまでは正しく機能していた法令も、社会の仕組みが変われば対応できないものになってしまう。それに対して法律の文面は変えず、ただ運用だけを変更して対応しようとしたとしても、歪な形になってしまうことは避けられない。それよりも、社会の変化を認識し、新しい対応できる法律を作り出すべきであろう。

2013/12/26

Akiko Shimizu

角川歴彦さんの衰えない知性と知識と自慢話(笑)にしびれた。おもしろくて、ためになる。読んでよかった。

2013/11/23

なます

(要旨) グーグル、アップル、アマゾンといったクラウドプロバイダーがコンテンツ業界を席巻している。問題は彼らがユーザー体験を優先するあまり、著作権を軽視しがちなことだ。古くから著作者と事業者の密接な繋がりを保ってきた日本において、この問題は深刻である。しかし日本も闇雲にこの新しいスタイルを拒絶すべきではない。クラウドに対応するより柔軟な、しかしクラウドプロバイダーに喰われない強固な著作権の在り方を文化的な面から出版社が考える必要がある。重要なのはこの「バランス」だ。

2017/06/11

まぎら

著者買い。株主総会でのっそり登壇し、ビジョンを語る姿が魅力的な経営者。刊行が3年以上前のため、内容はそれなりかな。

2017/04/30

アルコール入り専門書家くりりん

一意性保持の議論、中山信弘先生との対談は面白いが、それ以外は論点はよいのだがところどころ使用される言葉の定義を間違っていたり、正しい視点でみていなかったり、論点が多少吟味されていないかったりと全般としてとても残念なできばえです。 初心者にはよいかもしれませんが、間違った視点でものをみてしまう恐れを植え付けられるのではと危惧します。

2014/03/20

感想・レビューをもっと見る