読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

作家
松尾豊
出版社
KADOKAWA/中経出版
発売日
2015-03-11
ISBN
9784040800202
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。日本トップクラスの研究者の一人である著者が、最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解きほぐし、知能とは何か、人間とは何かを問い直す。

「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)」のおすすめレビュー

人工知能のカラクリは数学? ―「人工知能の数学」をゼロから学べる参考書

『人工知能プログラミングのための数学がわかる本』(石川聡彦/KADOKAWA)

 人工知能は数学でできている―こう聞いて、人工知能と数学にいったいどのような関係があるのか、疑問に思った読者もいらっしゃるのではないでしょうか。この疑問に答える、『人工知能プログラミングのための数学がわかる本』が、KADOKAWAより2018年2月24日(土)に発売されました。

 まず、現在「人工知能」と呼ばれている技術のなかで注目されている領域は、「機械学習」です。機械学習自体は古くから存在しましたが、近年、テクノロジーの進化によって活用の幅が広がり、現在の人工知能ブームが訪れたと言えます。機械学習は、大量で複雑なデータに対して膨大な数値計算を行い、モデルを生成します。このモデルとは、例えば「ネコとイヌの大量の画像で学習させたモデルが、ネコかイヌかどうか判定できるようになる」など、過去のデータから未知のデータを予測するものを指します。

 この機械学習の「キモ」であるモデルの生成するための計算において、微分、線形代数、確率・統計などが重要な役割を果たすのです。自動車の仕…

2018/3/8

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

中々難しい話だったけど、コンピューターに学習させるのって難しい努力がいるんだなと知った。どんどん人工知能が出来て面白い事になったら、いいけどそんないい話はなさそうかな。

2017/10/24

テンちゃん

『松尾豊様、君は人工知能にあらゆる可能性を見いだし、私たちの生活を支えるパートナーになり得ることを予見させた』(○_○)!!『コンピュータが自主的にデータを集め、あらゆることを認識し自ら学習するシステムが構築されることで賢いものがつくり出される時代のとうらい』(^_^;)『不安はあるけれど前に進む事が大事』⇒『教育、医学、自動車、スマホ等、私たちの生活を支えるものばかり』(*^▽^*)『毎日が安全で健康で幸せな生活が送れるといいな』⇒『未来について考えさせてくれる大切な一冊』🌟("⌒∇⌒")4.8

2018/10/27

Miyoshi Hirotaka

科学技術の発達は今に始まったことではなく、その度になくなる仕事もあるが、代わりに新しい仕事が必ずできる。今のペースで人工知能が進歩を続ければ、金融・財務・税務系の仕事はほとんどなくなる。また、手続化し易い受発注、発送、受取などの業務もなくなる確率が高い。この変化は5年後から15年後に起きる。それ以降の人間の仕事は大局的でサンプル数の少ない、難しい判断の伴う業務やインタフェースは人間の方がいいという理由で残る仕事になる。これからの人間の教養や学力は知識量ではなく、生き方、価値観、創造性が重要視される。

2016/10/04

『よ♪』

今、一般的にもAIはブームだ。第3次ブームらしい。1960年代、80年代にも世の中はAIに過大な期待をし、結果『なーんだ、実は大したこと出来ないんじゃん』と去っている。その次元では今回も同じだ。別にAIは考えて将棋をやらない。定石パターン消化して中盤以降に裏で全ての指し手を高速にシミュレートしているだけだ。でも違う形で人間を超え始めている。googleの検索機能が良い例だ。本書には現時点での出来る出来ないが明記されている。しかし人工知能は"できないわけがない" 脳は電気信号で働くただの電気回路なのだから。

2018/05/04

kinkin

人工知とは何かに始まりブームの推移とともに人工知能がどのように進化していったのか具体的な事例とともに解説されている。平易に書かれていてもやっぱり全て理解できないのは当たり前か、そのあたりはサラッと流した。本書にも書かれていた翻訳という仕事はまだ難しい領域ということだ。精度がよくなったとはいえトンチンカンな日本語が現れる翻訳。これが完璧にできるようになったら人工知能というものはかなり高度なものになったと思う。

2017/09/05

感想・レビューをもっと見る