読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

政界版 悪魔の辞典 (角川新書)

政界版 悪魔の辞典 (角川新書)

政界版 悪魔の辞典 (角川新書)

作家
池上彰
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-12
ISBN
9784040822310
amazonで購入する Kindle版を購入する

政界版 悪魔の辞典 (角川新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

フク

選挙速報を楽しむためにポチったが、当日は試合なので空振る見込み。 ちなみに私はタカ派です。

2019/07/19

mintia

政治に関心がない自分には、興味深く読むことができた。とりわけ勉強になったのは、中選挙区から小選挙区に変わったことで派閥の力が弱まったことだ。

2019/11/09

みじんこ

様々な政治・選挙関係の用語を皮肉と時に手厳しい解説を交え簡潔に解説している。現代における政治の諸問題について学ぶこともできる。あいうえお順とはいえ、いきなりアウフヘーベンの解説なのは面白い。そして公明党関係のワードは解説に光るものがある。元々は中国古典から持ってきたという用語も複数あり、確かに昔の政治家の教養が感じられる。改めて比例復活というルールには問題があると思った一方で、世襲議員については資金集めをしたりしなくていいぶん政策の研究に時間を費やせるといった意見もあるとの指摘はある意味新鮮だった。

2019/09/12

復活!! あくびちゃん!

「毒舌」「皮肉」「ブラックユーモア」という表現が良いかどうかはわからないが、政治について関心を持ってもらいたいと願って書かれた本。ただ、この著者の場合中立性を保った発言をすることがウリだった様な気がするのだが、いつのまに「反安倍」「トランプ嫌い」を前面に出すようになったのか。個人的には、(そういう人が少ないだけに)中立性を保ってほしいなぁと思いながら読みました。

2019/09/07

曲線

政治用語が毒の効いた解説によりすらすらと頭に入って来ます。何ページかに1度は必ずクスッと静かに笑ってしまいました。読みやすいですが池上さんの反安倍トランプが絶好調なので、真ん中に立ってる本では無いです。

2019/11/22

感想・レビューをもっと見る