読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

衣笠祥雄 最後のシーズン (角川新書)

衣笠祥雄 最後のシーズン (角川新書)

衣笠祥雄 最後のシーズン (角川新書)

作家
山際淳司
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-08-10
ISBN
9784040822655
amazonで購入する Kindle版を購入する

衣笠祥雄 最後のシーズン (角川新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

今は亡き山際淳司の名選手に関するエッセイを再編集したもの。「名将」、「名投手」、「強打者」、「引退」の4つのジャンルに分けられ、9つのエッセイから成る。こんなタイトルだが、これはそのうちの最も長い1篇。私のようなロートル(こんな言葉、わかるかな?)にとっては懐かしくも、綺羅星のごとく輝いていた名前が並ぶ。この人に野球選手を語らせると深みと、そして何よりもプロフェッショナルであることの意味を再認識することになる。もっと長く生きて、その後の名選手たちー例えばイチローや松井、田中、大谷について語ってほしかった。

2021/05/16

miu

本屋さんで平積みされていて見逃せるわけがない、このタイトル。いいな野球ライター。わたしも山際氏みたいになりたい(夢は大きく) 。この本、衣笠氏だけじゃなくて星野氏や落合氏など、昭和のレジェンドがずらり。9人いたら9人それぞれのドラマがある。でもやっぱりここは衣笠祥雄よ。彼の最後のシーズンに何があったのか。子ども心におサルさんみたいだなーと思って見てた衣笠祥雄。彼はいつも笑っていた。野球のある国に生まれて幸せだなと思う。広島に生まれてよかったと思う。ここまで野球を好きになれてわたしってめでたいなと思う。

2018/09/16

雲國斎

山際さんのスポーツノンフィクションは大好きだった。図書館で新書を見つけたので読んでみた。なつかしい。思えばこの本のタイトルにもなっている鉄人もあっけなく逝ってしまわれた。今頃天国で、山際さんと野球談議に花を咲かせているかな?

2021/06/25

ぽこぺん

スポーツ名場面の裏側にはそれぞれの思惑があって面白い。 そうだったのかと思わされることが多かった。

2020/09/21

ひで

衣笠さんだけでなく往年のスター選手の物語でした。しかし、作者もそうですが、当時の年齢は皆さん30代で、既に自分は越えているんだという事実に驚きを感じます。江夏が引退したのが30半ばとは思いませんでした。今のプロ野球選手の寿命と比べ、隔世の感があります。

2019/07/09

感想・レビューをもっと見る