読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

知らないと恥をかく世界の大問題12 世界のリーダー、決断の行方 (角川新書)

知らないと恥をかく世界の大問題12 世界のリーダー、決断の行方 (角川新書)

知らないと恥をかく世界の大問題12 世界のリーダー、決断の行方 (角川新書)

作家
池上彰
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-09
ISBN
9784040823980
amazonで購入する Kindle版を購入する

知らないと恥をかく世界の大問題12 世界のリーダー、決断の行方 (角川新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

岡本

定番のシリーズも12冊目。著者の嫌いな安倍首相とトランプ大統領が退任したものの、世界は著者の嫌いな方向へ進む一方。第1巻が出た2009年は問題提起が主だったのが段々と批判本になってきている気が。政治家のクォータ制については、与野党で目立つ女性議員がアレなので「立場が人を作る」との著者の意見はどうだろうか。次巻はコロナ総纏めかコロナとの戦いが続いているのか、果たして。今迄付いていた帯が表紙に印刷されているのは環境配慮なのだろうか。

2021/07/31

kei-zu

シリーズ最新刊で取り上げられる内容は、トランプ退任後のアメリカやEU離脱を実現したイギリス、香港への圧力を強める中国の動向など。わが国も含め各国のコロナ禍への対応も。 時点ごとのネットニュースだけでなく(トランプ支持派の議事堂乱入はドキドキしながら報道を負いましたが)、ある程度まとめて情報を確認することは、知識の整理に役に立ちますね。

2021/07/24

はちこう

NHKスペシャル「2030 未来への分岐点」でも報じられた、アゼルバイジャンとアルメニアの紛争のことも書かれていた。他にも、新疆ウイグル、チベット、台湾、パレスチナ、ミャンマー等、世界は問題だらけ。中国絡みの問題が多い。普段のニュースでは報道されない情報が満載。過去の内容と重複する部分もあるが良い復習になった。日本も問題が山積。福島の原発の処理水の問題も深刻。2年後、海に流すそうだが地元住民や周辺国の反発は必至だと思う。これらの大問題、一体どうなるのだろう。

2021/07/13

復活!! あくびちゃん!

毎回このシリーズを読んでいるのだが、相変わらず中東の問題は難しい。この問題にアメリカが絡んでくると更にややこしくなる。読むたびに何とも言えない胸の痞えが現れるのは何故だろうか。。。

2021/07/07

フク

kindle。〈半藤さんがよくおっしゃっていたのは、「歴史は人間がやっていることなのだからまた同じことをやるに違いない。歴史を学ぶということは、人間がいざというときにどんな判断をするか、どういうところで誤るか。それを知ること」だというのです〉

2021/07/30

感想・レビューをもっと見る