読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

知らないと恥をかく世界の大問題12 世界のリーダー、決断の行方 (角川新書)

知らないと恥をかく世界の大問題12 世界のリーダー、決断の行方 (角川新書)

知らないと恥をかく世界の大問題12 世界のリーダー、決断の行方 (角川新書)

作家
池上彰
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-09
ISBN
9784040823980
amazonで購入する Kindle版を購入する

知らないと恥をかく世界の大問題12 世界のリーダー、決断の行方 (角川新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

岡本

定番のシリーズも12冊目。著者の嫌いな安倍首相とトランプ大統領が退任したものの、世界は著者の嫌いな方向へ進む一方。第1巻が出た2009年は問題提起が主だったのが段々と批判本になってきている気が。政治家のクォータ制については、与野党で目立つ女性議員がアレなので「立場が人を作る」との著者の意見はどうだろうか。次巻はコロナ総纏めかコロナとの戦いが続いているのか、果たして。今迄付いていた帯が表紙に印刷されているのは環境配慮なのだろうか。

2021/07/31

アベシ

相変わらずの池上節、わずか1日足らずで世界を概観できる。現在の世界を俯瞰するばかりでなく、その根底に各国の民族的な感情があることを教えてくれる池上流です。中国の野望だったり、オスマン帝国の栄光だったり。歴史が長い国の民族的な感情ほど鬱屈している。それは中国の半分は歴史がある日本だって同じことです。それに比べアメリカはホントに若い。だから移民に寛容なんでしょうか?でも光が強い分影もまた濃くなる。鄧小平が張った伏線を、習近平が回収できるのか、池上さん元気でいて下さい。

2021/08/13

ホッパー

世界情勢の概要を一年分サラッとおさらいできる。便利。

2021/08/08

抹茶モナカ

池上彰さんの番組は観るようにしているので、テレビでの時事ニュース解説の復習のような気分で読む。中東のパートは、ちょっと難しかった。自分で勉強する、独学する、というのが苦手で、職場でも仕事を探せないので、最後の問題提起にはグサッと来た。このシリーズを読むのは、自分の中で1年の中の行事の一つ。

2021/09/20

mintia

コロナ禍という危機的状況で日本の問題点が噴出している。閉塞的な状況で世界は緊張が高まっている。今起きている世界のニュースについても歴史を学べば理解が深まる。

2021/09/01

感想・レビューをもっと見る