読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

コドモダマシ ほろ苦教育劇場 (角川文庫)

コドモダマシ ほろ苦教育劇場 (角川文庫)

コドモダマシ ほろ苦教育劇場 (角川文庫)

作家
パオロ・マッツァリーノ
藤波俊彦
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2011-11-25
ISBN
9784041000069
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

できちゃった婚って何? 格差って? お金儲けはいけないことなの? なりたい職業って決めなきゃダメ? 一筋縄ではいかない息子の疑問に、お父さんはどう答える!? どこにでもいそうな家族を舞台にしたショートコントで、社会や情報の見方を体験学習! 正論だけじゃわからない世の中の、表も裏も、裏の裏までわかります。ブラックなのに、なぜかほんわか癒やされる。笑えて思わず納得の「『反社会学』流家庭教育のすすめ」。

コドモダマシ ほろ苦教育劇場 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっくん

★★★☆☆読みやすい。短いためやや物足りない。『だって世の中の問題はすべて格差が原因なんだから。逆にいえば、このように格差以外の問題なんか、ない』(P208)

2016/03/07

麩之介

この著者にしては毒気が薄いし、一つのセクションが短すぎるような気がして少々物足りないが、面白くないわけではない。「コドモダマシ」というくらいで、はじめは「お子さん」の仕掛けてくる無邪気なようで鋭い質問に、「お父さん」が反則技(子供が読めないからといって英語の資料を使い、書いてあることを捻じ曲げたりはしていないが、その文脈を無視して引用するなど)も使いつつ回答、最終的に「お子さん」をうまいこと丸め込んでいたのが、回を重ねるにつれて、わりと正攻法の回答になっていくのが残念で、歯切れの悪い感想を持ってしまった。

2014/03/12

す○○

パオロ・マッツァリーノ氏の作だから面白くないわけはない。活字漫談として楽しめる内容で、特に「父と子のための存在感」の章は、イタリアンレストランAVANTIを連想させる始まりとオチもしっかり決まり秀逸。しかし全体的にパオロさんがとても良い人に徹しており毒気の薄さに不満。私自身二女の父としてここのお父さんには遠く及ばないので、道徳観念に篤い常識人のお父さんよりも正道を軽く逸脱しているおじいちゃんに魅力を感じた。

2012/11/28

Hideki Ando

前提が同じでも見方を変えると違った結論になるよー。という話。頭が固くなってくると、違う見方ができなくなるので、たまに読みたい。

2012/09/24

晴れ女のMoeco

小学生のこどもの「なんで?」に、お父さんが統計を引っ張り出して面白おかしく答える一冊。「ドラゴン桜の勉強法は大したことないけど、高学歴組がドラゴン桜に癒されている」っていうのは印象的だった。(無駄に高学歴だけど、その他取り柄のない人たちが勉強を頑張れば良いことあるよね、と)ゆるーい文体だけど、たまに真理をついていたり。 あと、ここで取り上げられているブックガイドがまた面白そう。本って一冊読むと三十冊くらい読みたくなるもんだなぁー。

2015/09/03

感想・レビューをもっと見る