読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

美しくもしたたかな女たちの源氏物語 (角川文庫)

美しくもしたたかな女たちの源氏物語 (角川文庫)

美しくもしたたかな女たちの源氏物語 (角川文庫)

作家
桐生操
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2011-11-25
ISBN
9784041000656
amazonで購入する Kindle版を購入する

美しくもしたたかな女たちの源氏物語 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kikuyo

読みながら源氏物語の場面々々を思い出す。それぞれの女性の立場に立つと、また味わい方が違ってくる。もう一度物語の世界に引き込まれて楽しかった。 紫式部が、様々な人物に自分を投影していたこともわかり興味深く読めた。美女ではないけど空蝉が好き。

2018/07/31

びっぐすとん

108円本。『源氏物語』の女性論。この手の本読みすぎてあまり新鮮味がなかった(著者のせいじゃない)。昔読んだ『やんごとなき姫君たちの~』シリーズに比べると「うひや~」というエピソードはないけど、官能に関する部分では表現が桐生さんらしかったかな。それより引用されてる瀬戸内訳の『源氏物語』のエロいこと!(円地訳しか読んでない)。流石寂聴さんだ。このニュアンス通りだとしたら、薄暗い寝殿造の几帳の影でこれを貪り読んでた菅原孝標女は中学男子と一緒だ!出家しか自由になる道がなかった女に遅れをとる源氏って煩悩の塊だな。

2019/05/12

なお

源氏物語を女性目線で書かれていて、読みやすい。紫式部の説明もあって興味深く読んだ。

2016/08/30

和希

読みやすいが、目新しさはない。桐壺の更衣がしたたか、くらいか。改めて紫の上は出来た女性だと思った。しかし私は花散里のような女性になりたいと思う。

2014/09/02

らぐ

わかりやすく書かれていて最後まで楽しく読めた。源氏物語から読み解く女たちの恋愛の仕方。途中途中のコラムも面白く、源氏物語をまた最初から読みたくなるって思わせる内容。女性に焦点を当ててるので、下手な恋愛小説よりも面白かった。しかし、紫の上は素晴らしい女性だったんだろうなぁって。

2014/04/12

感想・レビューをもっと見る