読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鐘 (角川文庫)

鐘 (角川文庫)

鐘 (角川文庫)

作家
内田康夫
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2012-04-25
ISBN
9784041002391
amazonで購入する

鐘 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Taka

浅見光彦シリーズ。正に鐘、カネ、金…今回もきれいにスッキリ解決&いつもの美女とのロマンス未遂(笑)楽しませてもらいました!

2018/06/05

ドナルド@灯れ松明の火

自殺者が残した遺書めいた便箋にあった「カネ」という単語から浅見の探索により「梵鐘」へとつながり、過去の自殺事件とも紐づいていく。高松・尾道・富山を巡るサスペンス。今作では富山県高岡市が全国の梵鐘の80%以上を作っていることが新しい知識となった。

2014/07/02

fukky

浅見光彦シリーズ,2作品目。それにしても話が出来すぎている感がしてならない。でもいろんな観光名所が出てきて,これは確かにテレビの二時間スペクタクルドラマにふさわしいなあと思った次第。

2016/03/30

トッチ

金ではなく、鐘にまつわる事件。 浅見さんの勘の鋭さにただただすごいなぁと。

2019/05/14

miu_pal

無駄に長いだけで何も良いところはなかった。作者の自選ベストセレクションにも入っている作品であるが、ワーストに近い作品なのでは?プロットの中心にあるのは"鐘"のトリック。しかし、これが推理小説の仕掛けとして非常に陳腐なものである(そういう設定を入れたら何でもありだろう…と)。この作家の「自選ベスト」はまったく信用出来ない、という印象である。

2018/08/10

感想・レビューをもっと見る