読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

切開 表御番医師診療禄1 (角川文庫)

切開 表御番医師診療禄1 (角川文庫)

切開 表御番医師診療禄1 (角川文庫)

作家
上田秀人
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2013-02-23
ISBN
9784041006993
amazonで購入する Kindle版を購入する

切開 表御番医師診療禄1 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ソルティ

自分で選んでみた時代小説。主人公矢切良衛が元々金創医(戦場での傷を診る医者)であるのに剣術も達者で不審者を斬ってしまう、この矛盾した設定が時代物ならではでおもしろい。不勉強なため幕府と役職、上下関係、家柄など分からない事は多いけど楽しめる。黒幕は誰だ?!というミステリー要素もあるのがいい。しかし解決しないまま次巻へ続く、完全な連続物。続き読む!「前回三人を斬った衝撃は、まだ良衛のなかで昇華されていなかった。人の命を救うのが医師の仕事である。その医師が命を絶つ。良衛の心中は大きく波だったままであった。」

2020/07/20

とし

表御番医師診療禄「切開」1巻。若年寄り支配下で桔梗の間詰め、怪我人、病人が出たときの応急処置のみを行う表御番医師矢切良衛、他の医師と違うのは凄腕剣術家、政に巻き込まれていくが、どのような活躍をするのか楽しみですね。

2020/12/28

酔拳2

初めましての作家さん。ちょいちょい読メでお名前拝見してました。時代物で市井ではなく、権力の中枢が舞台。医師でありながら剣術も使えるという良衛が大老殺害の謎に挑む。一冊完結かと思ったら続いてしまった。しかしまぁ武士の世の中は面倒臭いね。家の格と自身の役がしっくりしない。江戸の町人物は好きだけど、武家物は現代の政治物とあんまり変わらないかもね。為政者なら政治家の本分を思い出せ、と言いたい。ま、世襲だから思い出せと言ってもハナからないのかも。良衛も完璧すぎず迷うところが魅力ではある。

2017/04/26

えむ女

外科医の良衛が殿中で起きた刃傷沙汰の真相を探る動きに巻き込まれて行く。徳川の武士としての考えや医師としての葛藤や男としての妻や義父への思いなどいろいろ織り交ぜてあります。もうちょっと読まないと主人公に共感できないかな…

2013/08/04

あっこ

期待以上に面白かった。良衛の活躍ぶりも良かったけど、それ以上にお城でのドロドロの政の様子が印象的だった。特にお城坊主達が、城内の噂話を売っていることにびっくりした。泰平の世は庶民には生きやすい世の中であっても、武士にとったら、気苦労が絶えない時代になっていたことだろうと思う。この後、良衛達がどの様になっていくのか、続きが気になる。

2014/01/15

感想・レビューをもっと見る