読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 上 (角川スニーカー文庫)

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 上 (角川スニーカー文庫)

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 上 (角川スニーカー文庫)

作家
浜崎 達也
huke
坂井 久太
bun150
出版社
角川書店
発売日
2013-04-27
ISBN
9784041008096
amazonで購入する Kindle版を購入する

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 上 (角川スニーカー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

papako

12月にでるDVDの予習。楽しみ!こちらも、さらっと。

2013/10/25

もち

「ここがシュタインズゲート世界線だ。世界線変動率1.048596%……」◆幾千ものタイムリープ、過去改変を経て、「都合の良い」世界線に到達した岡部倫太郎。何も失うことのない、収束も拡散もしない未知の現実を生きる岡部だったが、他の世界線のフラッシュバックに苦しむようになる。■タイムトラベルを扱った人気作品の、劇場版ノベライズ。ゲームなりアニメなりで本編を視聴してから読むことをお勧めします。

2014/07/09

とーちゃん

上はほぼおさらい。アニメまた見たい。仲間の誰も死なない世界戦に無事来た主人公岡部。彼だけが何百何千の時を超えてきた。彼の不調?が心配だ。ツンデレは正義。

2013/06/19

ほーりえ

劇場版視聴済。 上巻の内容はアニメ24話の後~劇場版の序盤まで。所々に伏線も散りばめられていて、劇場版を見る前に読むといい復習になるかも。 下巻を読んだらもう1回劇場版見てみようと思う。

2013/05/02

れみぃ

劇場版を見る前に読んどきたかったので。 シュタインズゲートのゲームはすごく好きな作品。個人的に最高のまま完結した話を、ファンディスクとか後日談だったりする物で、シュタインズゲートのいい思い出を崩してしまいそうでどうなんだろう?と思いながら読む。 内容を書こうとするとネタバレになっちゃうから控えて。読んでみて不安だった思いが吹き飛びました。雰囲気そのままでいい感じ。上巻の最後の展開とかゲームの各章の終わりと始まりみたいでした。さぁ続きが気になるので下巻も読むか!

2013/08/23

感想・レビューをもっと見る