読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)

栞子さんの本棚  ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)

栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)

作家
夏目漱石
アンナ・カヴァン
小山清
梶山季之
坂口 三千代
アーシュラ・K・ル・グイン
F・W・クロフツ
宮沢賢治
ロバート・F・ヤング
国枝史郎
太宰治
フォークナー
越島はぐ
出版社
角川書店
発売日
2013-05-25
ISBN
9784041008270
amazonで購入する

栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

ビブリアブームに乗った読書案内ということだろう。小山清の「落穂拾い」が抜群によかった。太宰治の「晩年」は再読のはずなのに、内容を全く忘れていて思い出せなかったが、こんなに凝った小説だったのか、と驚きながら読んだ。個人的には、クロフツの「フローテ公園の殺人」が、続きが読みたくて、どうしようもなくなってしまうので困る。鉄道マニアなら南アフリカの鉄道に関するディテールを、興味津々に読めるはずだ。

2014/06/19

hiro

まさにビブリア古書堂ファン向けの本。読メでこの本を知り、『タンポポ娘』が収録されていたので即購入した。ビブリアによって、『タンポポ娘』収録の古本が高くなってしまい『タンポポ娘』を読むのをあきらめていたが、この本で読めて大変満足。タイムマシン物の本、ドラマや映画は、結構な数をみてきたが、このような結末は初めてだと思う。いい作品だった。クロフツ作品は多分『樽』を読んだことがあると思うが、『フローテ公園の殺人』もこのような読まされ方をすると最後まで読みたくなる。『時計じかけのオレンジ』の抜粋も読みたかった。

2013/07/31

れみ

ビブリア古書堂シリーズに登場した本をちょっとずつ読める本。最近1~5巻を通読して気になっていた「たんぽぽ娘」とか「永訣の朝」とか「落穂拾い」を読めて良かった。なかには正直ピンとこない作品もあるにはあったけど、それもまた新しい出会いになったので良かったかな。

2014/03/11

AKIKO-WILL

栞子さんの本棚には、古典がたくさんあり、読もう読もうと思いながらも読んでなかった夏目漱石の「それから」太宰治「晩年」があり、少しだけでも読めて良かったです。個人的に坂口三千代の「クラクラ日記」と小山清「落穂拾い」ロバートFヤングの「たんぽぽ娘」が面白く読めました。国枝史郎のは、よくわからなかったな。この中には絶版もあるらしく、それが読めたのは貴重でした。

2016/06/16

しゅわ

【図書館】人気の「ビブリア古書堂…」シリーズ。栞子さんが紹介している本を読みたくなった!という人にはオススメ!長編は抜粋過ぎて残念だけど、作品中で紹介されている12本の名作にちょこっとずつ触れられるという、面白いコンセプトの一冊です。特に現時点で入手困難な「たんぽぽ娘」が読めるのがファンにはたまらないと思います♪ 第三弾の時、メチャクチャ読みたくなって図書館を探し回った身としては、「こんな本、もっと早く出してくれればよかったのにっ」と叫びたくなります。

2013/09/17

感想・レビューをもっと見る