読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サッカーボーイズ15歳 約束のグラウンド (角川文庫)

サッカーボーイズ15歳 約束のグラウンド (角川文庫)

サッカーボーイズ15歳 約束のグラウンド (角川文庫)

作家
はらだみずき
丹地陽子
出版社
角川書店
発売日
2013-06-21
ISBN
9784041008782
amazonで購入する Kindle版を購入する

サッカーボーイズ15歳 約束のグラウンド (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

扉のこちら側

2016年572冊め。シリーズ4巻。最終巻を先に読んでしまっているので、これにてシリーズ読了となる。子どものうちに親と死別をしたり、親の病気のために厳しい社会の現実を他の子どもたちより早く垣間見てしまう子どもの切なさ。私が当の子どもだったら安易な同情なんてと反抗的に思うだろうけれど、それでも親世代になった今では子どもにかかる不幸は不憫でならない。

2016/07/18

hnzwd

個人的にはバッテリーと並ぶ少年スポーツ小説だと思います。バッテリーが一つの大きな才能と、それに心を揺り動かされる周囲の少年達を描いているとすれば、こちらのシリーズは集団としての子供達がどうスポーツというものに取り組んで行くのかを真摯に描いています。次がシリーズラストかな。恋愛要素はあんまりいらない気もするけど、、思春期を描くには外せないのかなぁ。

2013/10/10

Lesen

サッカー部を一度は辞めた和樹の部への復帰、ディフェンスの土屋の転校、幼馴染の琢磨が桜ヶ丘中に転校してくる。サッカー部に新顧問が来る。その監督は有無を言わさずチームを改革していく。シリーズ第4弾。部活としての「チーム」としてのサッカーを伝えてくれる。人との関わり方のいい学び場である。戸惑い、迷い、壁にぶつかって葛藤し成長していく。そして一歩ずつ大人へと近づいていく過程が微笑ましく、親目線で読んでいます。一つの事をずっと続けるのは大変な事だなと改めて思う。自分たちで考えさせる事も大切だけれど、監督は(続く)

2015/02/20

sawa

作者の腕があがったのか、私が慣れてきたのか、ともかくサッカーをよく知らない私でものめり込んで読めた。特に思春期に葛藤する男の子たちの描写がリアル。壁を乗り越えて一回り逞しくなる遼介に納得感があった。反面、女の子はちょっと美化しすぎな印象ではある。次巻の試合が楽しみ。

2017/08/26

ぱじいと

『サッカーボーイズ』シリーズ第4弾。中学最終学年になった遼介たち。突然の監督交代、今後もサッカーを続けていけるのかという将来への不安、友人の身に起きた不幸、様々な事が巻き起こり、思春期の遼介達は心を揺さぶられる。その描写の瑞々しさ、繊細さがとても心地良い。次巻がシリーズ最終巻との事。文庫化を心待ちにしています。

2015/06/04

感想・レビューをもっと見る