読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)

薔薇のマリア    19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)

薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)

作家
十文字青
BUNBUN
出版社
角川書店
発売日
2013-09-28
ISBN
9784041010242
amazonで購入する Kindle版を購入する

薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まりも

終わりに向けた盛大な準備は整ったか。十文字青作品に出てくるキャラはどいつも好きなやつばっかりでその人物達がどんどん死んでしまうのはツラいものがある。悲惨な状況の中で進んでいく人間関係。多くの恋があったけどやっぱりアジアンとマリアの極限愛に勝るものはないのかもしれないな。死んでしまった人、生きている人多くのドラマがあったこの作品がどんな終わりを迎えるのか楽しみでもあり、寂しくもある。

2014/05/08

まろりん

とうとうここまで読んでしまった。次巻が最終巻。真相が知りたいと同時に終わってしまうのも寂しい…!!とうとうのキング・グッダー登場で。なんつーか無茶苦茶な人ですね。マリアとアジアンの再会も、戦闘描写がぎっしりなのに対比して、改行されているのは時が止まったかのような静謐さを感じるなあ。でもその後いつも通りのパターンなのはある意味微笑ましい。群像劇的にも、荊王、ファニー・フランク、チーロ達、昼飯時&番人達、エヴァンジェリンとお師匠様、モリー、リルコ、ZOOメンバー、皆名前覚えてるし大好きだ!

2014/01/18

紅羽

もう一人も失わないで欲しい。そんな祈るような気持ちで読んだ19冊目。トマトクンが復活しても一気に事態は好転する事もなく、崖っぷちな状態の中、マリアローズとアジアンの再会シーンは心が震えました。いよいよ次で完結。その前に長らく積んでいた既刊を読めて良かったです。

2013/11/17

tartarous

散り散りになった仲間たちがようやく集合。何かもう、外で起こっている大きな戦いだとか、どこかの誰かの壮大な企みとか、どうでもよくなっちゃいました。何があろうと、みんなこれから生きていかなきゃいけないし、まあなるようになるしかないよねと。ただ、その「なるように」の結果が少しでも良いものになるよう、やれるだけのことはやる。そういう力強さにあふれた1冊でした。

2013/10/01

えれ

zoo、ランチタイム、シルバリィ。3視点の死闘を描く前半からの全員集合!カタリ、リーチェ、モリー、そしてアジアンとの再会シーンには思わず涙腺が緩みました。ルーシー、絶対どっかでひょっこり飛び出して真打ち登場です!とかなるのかなって思ってたけど……ならないのね。キンググッダーがイカてたおじぃちゃんで、でもやっぱいいキャラしてるわ!宿敵アーマンをまさにほぼ全員集合で退けたけれど、古代魔術の発動で一息つく間もなく更にピンチに。次巻で最終巻らしいのでこのまま読むぞー!あれ?21巻まででてたよね?

2017/04/06

感想・レビューをもっと見る