読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

リケジョ! (角川文庫)

リケジョ! (角川文庫)

リケジョ! (角川文庫)

作家
伊与原新
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2014-02-25
ISBN
9784041012208
amazonで購入する Kindle版を購入する

リケジョ! (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

なんかやられたぁ、という読後感が正直なところ。主人公の1人、小4の理緒はハンダごてをキーアイテムとする何事にも興味津々なお嬢様。その家庭教師として選ばれたのが夢の海外留学費用に困っていたもう1人の主人公、律。様々な事件を持ち前の好奇心と着眼力で推理してゆく二人と運転手の恵人、展開は面白いんだけど何故か読み辛い。何度も読み返して時間がかかった。でも最終章は感動‼️まじで予測外!思えばプロットがしっかりしてて、これ途中でやめたら損!でもわからないのは、家政婦の使う「いとはん」 なぜいとはん?誰か教えて‼️🙇

2019/02/08

おしゃべりメガネ

タイトルどおり理系女子=リケジョの活躍を描いたハートフルミステリーです。貧乏大学院生で人付き合いが苦手な「律」は留学費用を稼ぐため、小学生「理緒」の家庭教師をするコトに。しかし、この「理緒」が「律」に勝るとも劣らないリケジョなために二人は予想もしないトラブルに巻き込まれ、次々と解決していきます。理系のイメージする小難しい話もそれほと出てはこなく、結構ヒューマンなネタを中心に話が進むので読みやすかったです。リケジョ探偵二人の活躍にこれからも期待したいです。「律」と運転手「恵人」の今後の展開も気になりますね。

2019/05/27

enana

貧乏大学院生で人見知りの律は、不本意ながら成金令嬢・理緒の家庭教師をすることに。科学大好き小学生の理緒は彼女を「教授」と呼んで慕ってくる。「教授、科学の力で解決しましょう!」引き気味の律と、あくまで前向きな理緒。いつしか2人に、不思議なコンビネーションが生まれる。

2020/02/21

papako

微妙な読後感なのに、なぜか読んじゃう作者の作品。これもいまいちテンポがよくない。そして単行本の題の方がしっくりするかな。物理の理論を学ぶ大学院生の律がリケジョに憧れる小学生の理緒の家庭教師になり、一緒に謎を解いていく。そしてラストに大きな秘密が明らかになり。。。特に科学?なのかと思わないでもないんですが、それは置いといて理緒のあんまりキャラがたってない元気さと、律の賢さの組み合わせはよかった。プラス運転手の恵人との恋模様も。一番のお気に入りは『虹のソノリティ』私も赤緑、見てみたい。

2017/08/04

ソラ

題名の通り、解決に至る道筋が理系っぽい作品。ただ、それだけじゃなく、最終話で明かされる理緒のカテキョになった本当の理由は感動的。

2015/05/23

感想・レビューをもっと見る