読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

犯罪者 上 (角川文庫)

犯罪者 上 (角川文庫)

犯罪者 上 (角川文庫)

作家
太田愛
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-01-25
ISBN
9784041019504
amazonで購入する Kindle版を購入する

犯罪者 上 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

MF

この凡庸なタイトルには、書店に並ぶ膨大な背表紙から読者に選ばせるだけの力は期待できない。でも読み始めれば、ただ一人の通り魔犯人を指していたはずのこの言葉が恐ろしい勢いで広がってゆく、警察、政界、財界……。そして主人公たち三人組まで、ひとりの犯罪者の意志を継ぐことが示唆されるところでこの巻は終わる。このタイトルでなければならなかったのだとつくづく思う。

2017/05/09

ミカママ

冒頭、登場人物の多さに頭がついて行かず、時間がかかってしまったが、中盤から上巻ラストへはスパートかかった。犯人と、動機はうっすら目星がついてるんだけど、動機の内容が内容だけに、読者を惹きつけて離さない。筆者は男性なのか、と思わせるハードボイルドさ(褒めてる)と、描写の細やかさ(洋服のブランドとか)は、やはり女性作家だなぁとも。先がとても楽しみな作品。

2017/10/05

NADIA

4人が刺殺される通り魔事件が起こるところからこの物語は始まる。この事件は通り魔ではなく、被害者は犯人である人物から呼び出され集められていた。その謎を生き残った修司ははみだし刑事・相馬とフリーライター・鑓水と追う。このスケールと骨太さは久々な感覚。視点は何度も変わるが、違和感は感じない。そして巨大な社会悪の描かれ方がリアル。フィクションの世界でここまでの憤りを感じることは稀かもしれない。気になる登場人物の続きが気になる。早く下巻を読みたい。

2018/03/01

のり

幻夏を先に読んでおり、修司・相馬・鑓水の出会いが分かり楽しさ増大。通り魔による殺傷事件が起き、無差別テロと思わせたが、生き残った修司に、「10日生き延びれば助かる」と囁く男。その影で各地で1歳未満の幼児に奇病が蔓延する。原因を知る者は限られた人だけ。真相解明に奔走する修司達と、板挟みに苦悩する者、それを阻止しようとする企業とプロの暗殺者。苦しむ子供達を必要な犠牲と言い棄てた奴に無償に腹が立つ。盛り上がってきて下巻に突入。

2018/04/09

ゆのん

う〜っ!これは面白いっ!!初読みの作家さんだが、レビュー等で非常に評価が良かったので楽しみにしていたが想像以上の面白さっ!!先が気になるので下巻へ。

2018/04/22

感想・レビューをもっと見る