読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

遺跡発掘師は笑わない まだれいなの十字架 (角川文庫)

遺跡発掘師は笑わない まだれいなの十字架 (角川文庫)

遺跡発掘師は笑わない まだれいなの十字架 (角川文庫)

作家
桑原水菜
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2015-08-25
ISBN
9784041022993
amazonで購入する Kindle版を購入する

遺跡発掘師は笑わない まだれいなの十字架 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

papako

発掘シリーズ3。今回は長崎。島原の乱から原爆まで、信仰のため、日本のために生きた人たちの思いがよみがえる。『遺物捏造の罪』をミゲルに語る無量の気持ちが全てを表していましたね。事件もその裏にある事情も重いのに、無量や萌絵の軽さとノリで読みやすい。萌絵、キライなキャラっぽいのにな。なんかいいんです。忍さん、どうなるの?敵なの?味方なの?

2020/02/25

Bugsy Malone

シリーズ第3作目。今回の舞台は長崎県島原市のキリシタン遺跡。出土した黄金の十字架捏造事件。天正遣欧少年使節団を発端に島原の乱、大東亜戦争終結秘話にまで話は及び、学生運動の昏い歴史が事件に陰を落とす。ここで描かれている戦争和平工作は事実上起こりえたのか?もし本当にあった出来事だとし、成功したなら日本はどうなっていたのか?驚愕と共についそんな事を考えてしまいました。遺物捏造を許さない無量、無量を守る忍と萌絵も良かった。今作は中身も濃く特に面白かったです。

2016/12/18

青蓮

大分読みやすくなってきましたね。無量&忍&萌絵の役割分担もはっきりして。今回はトラウマで随分苦しめられた無量が可哀想だったなぁ…。

2017/03/10

ゆう

あれ?これってシリーズだよね??っていうくらい前の2作とカバーイラストの雰囲気が違うことにまずびっくり。今回は長崎、キリシタンが題材で異国の雰囲気がたっぷり。無量のトラウマで重くなりがちな流れも要所要所で出てくる萌絵の一直線な感じに救われた。忍ちゃんの掴めない行動にソワソワというかゾワゾワというか。これからどうなっていくんだろう。

2015/09/01

shizuca

島原の乱ときいてキリスト教関係でどうなるのかと思っていたら、まさかそうくるとは! 話がどんどん広がって二転三転のどんでん返しに文字を追う目が追い付かなくてもどかしく感じる一冊でした。いや、誰が味方かそれすらわからないのでハラハラです。忍に不穏な空気が前作から流れていたので、物語が暗くなり始めたら嫌だなぁと思っていたら、萌絵がいたらそうはならないのでは、と感じられるような今作に、次巻が待ち遠しいなと。あまり恋愛は求めてないのですが(あれば嬉しいけど)、萌絵、忍、無量で交わされるとりとめのない会話がすきだ。

2015/09/01

感想・レビューをもっと見る