読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

この闇と光 (角川文庫)

この闇と光 (角川文庫)

この闇と光 (角川文庫)

作家
服部まゆみ
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2014-11-21
ISBN
9784041023815
amazonで購入する Kindle版を購入する

この闇と光 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

勇波

初作家さんです。前々から気になってました。俗物過ぎる自分には美しすぎる内容です。情景描写の美しさだけではなく、ミステリとしても評判通りの作品ではと。。解説が皆川博子さんというのもとってもいいです。是非とも全作品読破したい作家さんがまた見つかりました★

2016/01/14

nobby

これは読み友さんのアドバイスのまま“予備知識無し”で読めて正解!幽閉されている盲目の王女レイア姫に差し迫る様々な危険や恐怖、それを守りながら学をも授けていく王である父。これを中世ヨーロッパを思わせる雰囲気の中、芸術への誘いや視覚に頼らない描写を混ぜながら魅力的な世界観に導かれる。それが中盤から正に世界がひっくり返る様はお見事!“闇”と“光”この対比の描き方がなかなか深い。とにかく多くは語るまいが、一言にすれば「間違いなく面白い」

2016/01/05

徒花

おもしろかった。盲目の姫君・レイアが王や側近の女性との交流を描いていく物語。いわゆるどんでん返し系の物語だが、一発芸人のように瞬間で終わってしまうのではなく、何段かの驚きを順番に読者に提供しているところに技量の高さを感じさせる。ただ、やっぱり最後の解釈を読者にゆだねるような終わり方はちょっとモヤモヤするので好みじゃない。

2017/05/21

小梅

読友さんオススメ本。前半は盲目の王女レイアと同じく闇の中で想像する美しい情景や恐怖。中盤からはイッキ読みでした。読みながらイメージしていた情景の崩落。素敵な作品に出会えて感謝です。

2017/11/16

おかむー

独特の世界観と耽美な雰囲気がよい感じです。『よくできました』。作品そのものに文句はない、むしろ上質な部類なのだけれど、帯と背表紙のあらすじでいちばん大事な仕掛けの半分はネタバレしちゃっとるがな(*´Д`)=3。仕掛けも世界観も美学も、変にハードルが上がってなければかなりの衝撃を楽しめたと思うととても残念です。この作品に興味をもったかたは、帯からは目をそらしてすぐに外す、あらすじの書かれている裏表紙をくれぐれも見ない、この二点を守って楽しんでほしいところです

2015/01/03

感想・レビューをもっと見る