読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

礼讃

礼讃

礼讃

作家
木嶋佳苗
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2015-02-28
ISBN
9784041024331
amazonで購入する Kindle版を購入する

礼讃 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

以前から気になっていた木嶋佳苗の「礼讃」を読みました。自称文学少女だけあって素人とは思えない文章(もしかしたらゴーストライター?)です。内容的には自分を思いっ切り美化した自伝的小説で官能小説の色もかなり強くなっています。また読者が一番知りたい内容は、上告中のためかPartⅡを狙っているかはわかりませんが、ほとんど触れられていません。私の推測としては、当初は若さと女の武器(名器、性技、教養?、オジサマキラー)で稼いでいたのが、若さが失われ、リッチな男に相手にされなくなり、犯罪に走ったのでは?【読メエロ部】

2015/06/18

風眠

礼賛?どこをどう捉えれば、この人を立派で素晴らしいと思えるの?このタイトル、自分で付けたのかな。だとしたら凄いな、いろんな意味で。真梨幸子の『5人のジュンコ』を読んで木嶋佳苗という人物に興味が湧いて、この本を手に取ってみた。自伝的小説を書いたつもりかもしれないけれど、これ小説じゃない。日記?というか、くどくどと長いだけの自分自慢。私はこんなに可哀想なんです、私ってこんなに凄いんです、インテリです育ちが違います名器です、って、どこが?彼女を支援する団体があったり、獄中結婚したり、彼女の周りもどうかしてる。

2015/05/16

Anemone

犯罪者の自伝的小説ということで興味本位で手に取ってみたけれど、多分に脳内妄想世界を引きずり回された感が否めない。例えどれだけ生い立ちを粉飾して言い募ってみたところで、行き着いた果てがアレではね・・・。しかし、獄中結婚していたとは。あな怖ろしや、プリズン・グルーピー。

2015/09/01

garth

すべてがクリシェだけで構築された完全なフィクション。まるでカタログを読んでいるかのような無味乾燥にして細かい記述。異常に生々しいセックス・シーン。木嶋佳苗の内面はもちろんわからない(たぶん、そんなものは存在しない)のだが、彼女が外にどう見られたいと思っているのかはよくわかる。それはとてつもなく不気味なものである。これほど不気味な犯罪者の自伝を読んだ記憶はない。

2015/03/07

しぃたろ@記録の一部が消失:(

首都圏連続不審死事件(婚活殺人事件)の被告人、木嶋佳苗による自伝的小説。肝心の事件については殆ど触れられておらず、自慢と露骨な性描写と母親への批判がひたすら続く。彼女は自分の姿を鏡で見た事が無いのだろうか?本書の内容全てが彼女の妄想に思えてならない。兎に角、痛々しい!終章の内容が特に不愉快だった。

2016/03/07

感想・レビューをもっと見る