読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロマンスドール (角川文庫)

ロマンスドール (角川文庫)

ロマンスドール (角川文庫)

作家
タナダユキ
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-11-21
ISBN
9784041026410
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ロマンスドール (角川文庫)」のおすすめレビュー

ラブドールの製造工程がわかる恋愛小説? 映画化目前の『ロマンスドール』がおもしろい

『ロマンスドール』(タナダユキ/KADOKAWA)

 2020年1月24日から全国ロードショーされる『ロマンスドール』。同作はある夫婦が過ごした日々を丁寧に描いたラブストーリーだ。映画では、ラブドール職人の北村哲雄を高橋一生、彼の妻、園子を蒼井優が演じる。原作は、映画監督のタナダユキ氏が執筆した同名小説だ。

 2008年時の『ダ・ヴィンチ』(KADOKAWA)連載中は、時の流れとともにすれ違っていく夫婦の気持ちに共感を覚える読者も多かったが、同時に話題になったのが哲雄のラブドール職人という仕事の描写だ。

 哲雄は、美大で彫刻を学び大学院を卒業後、目的もなくフリーター生活をしていたところを大学時代の先輩・加藤に誘われて「久保田商会」という町工場で働くことになる。その工場で製造されていたのがダッチワイフ。いわゆる「ラブドール」だった。

 近年では、ラブドール愛好家がメディアで取り上げられたり、イラストレーターのみうらじゅんさんの愛するラブドールが雑誌に掲載されたりと、ドールの美しさや精巧な作りが話題になることもしばしば。しかし、この作品の舞台になっている1…

2019/11/17

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ロマンスドール (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みどり虫

ずっと気になっていた本が文庫になってるのを書店で見つけ、目次の「解説 みうらじゅん」と、小説の一行目「妻が、腹上死した。」で、そのままレジへ。そして一気に読んじゃった。人形と人間、妻と愛人、嘘と秘密、対比で紡がれる性と生の物語のやるせなさや切なさ…泣いた…。バカだなぁ…って思いながらも…泣けた…。園子との出会いの場面、相川さん、桜について語る老女もいい。解説とあとがきまで含めとても良かった。作者が監督でもある映画は、キャストだけ見てもイメージ通り。でもぜひこの小説も読んで欲しい。ね、にゃおこちゃん♡(笑)

2020/02/05

nyaoko

映画化と知って購入。こ、こういう始まりかいな!と初っ端から驚き。しかし、まぁ、この主人公、バっカだなぁ。ほんっと、救いようのないバカ亭主だ。対して妻の園子と来たら、なんでそこまで尽くすんだよ!と、イライラするよりも可愛そうで、悲しくて、ただ、ただ、園子の最期の幸せを祈って読んだ。あとがきと、みうらじゅん解説まで読むと読後感は良いです。みうらじゅん、大事。現実にはこういう、美人で料理上手で、浮気を許す奥さんはいませんよ〜。

2020/03/21

Kei

よかった…早く映画が観たい!蒼井優ちゃんが演じる園子はどんなだろう。

2019/12/31

ぬぬ

夫婦って難しい。そして男性は何で釣った魚に餌をあげない?浮気だってしてたらわかる。女性はそんな馬鹿じゃない。本書は主人公の妻が腹上死するところから始まる。何言ってんの?っという感じですが、奥さんは絶頂の中で事切れたと言う訳です。これは夫婦がすれ違い、ぶつかり合い、歩み寄り、「死」を受け入れていくお話。独身の私が夫婦を語るのは難しいけど、夫婦の究極の愛、限界の愛を描いている気がしました。命が擦り減ろうともどんな形であれ愛する人と繋がっていたい…あと、毎年同じ場所にお花見に行く夫婦って素敵だなって思いました。

2019/12/15

うにせん

始まり方は衝撃的。そして作者が女性ということにも驚いた。あとがきで、おっさんの中にも乙女な部分はあるし、綺麗なOLの中にもおっさんの部分はあるというのでなるほどなと思った。性別じゃなく人間をみることをもっと心掛けよう。園子はまるで人形のようだった。とても美しくて、従順な理想的な妻。主人公はいたって普通の男性で、一体なぜ園子のような完璧としかいえない女性と愛し合えたのか分からないが、結局、あらゆる条件なんて愛情の理由にはならないんだろうな。終わりに向かう2人の行為には、いやらしさなどなく、ただ愛を感じた。

2020/11/09

感想・レビューをもっと見る