読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

短歌ください 明日でイエスは2010才篇 (角川文庫)

短歌ください 明日でイエスは2010才篇 (角川文庫)

短歌ください 明日でイエスは2010才篇 (角川文庫)

作家
穂村弘
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-09-24
ISBN
9784041026458
amazonで購入する Kindle版を購入する

「短歌ください 明日でイエスは2010才篇 (角川文庫)」の関連記事

6年ぶりの待望の文庫版! 穂村弘『短歌ください 明日でイエスは2010才篇』が9月末に発売

 歌人・穂村弘の新刊『短歌ください 明日でイエスは2010才篇』が9月25日に角川文庫から発売された。「短歌ください」の文庫版は2014年の第1弾以来、約6年ぶりとなる。

『短歌ください 明日でイエスは2010才篇』(穂村弘/KADOKAWA)

「短歌ください」は『ダ・ヴィンチ』の人気連載。読者から寄せられた短歌を穂村弘が紹介するというコーナーで、来月発売の2020年11月号で151回を数える長寿連載である。

「短歌ください」は毎月驚くべき数の投稿が寄せられており、その中から穂村弘に選び出された短歌はもちろん秀作ぞろい。本書のサブタイトルも以下の歌から取られている。

「午前2時裸で便座を感じてる 明日でイエスは2010才」 (直・女)

 今回文庫化された親本は2014年刊行の『短歌ください その二』。この文庫版に解説を寄せている寺井龍哉をはじめ、現在プロとして活躍している歌人が、6年以上前、本コーナーに投稿した短歌がさりげなく載っているのも見どころポイントのひとつ。

 実践的短歌入門としても、市井の人びとによる歌集としても、また穂村弘のコメントを楽しむ読…

2020/9/26

全文を読む

関連記事をもっと見る

短歌ください 明日でイエスは2010才篇 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kazuko Ohta

わ、穂村さんの文庫新刊。笑わせてもらう気満々で手に取りましたが、私はこれまで彼のエッセイばかり読んでいて、短歌そのものが載っている本は初めて読むことに気づく。穂村さんは歌人なのに。泣ける映画が必ずしもいい映画ではなかったりするけれど、怖い映画も必ずいい映画というわけではない。でも怖い歌は必ずいい歌なのだそうです。他の感情よりも人間の深いところに根ざしているからかもしれないという推察になるほど。それにしても選出された歌の作者は皆若い。ジジババおらんし。経験値高い爺婆が恐怖について詠んだらさらに怖い気がする。

2020/09/27

ちぇけら

もうそんな傷だらけにはならずとも宇宙の砂は持って帰れる。『短歌ください』シリーズはものすごく好きで、ダ・ヴィンチでも読んでいるのにまた読んでしまう。それは三十一音の定型があるからで、また投稿作品ならではの定型の崩壊があるからだ。誰かの目や思考をとおして型に流し込まれた音たちは、どんな天体よりも眩しい。この本のなかでは、川上渚さんの「男って女より先に死ぬものね 綺麗になったのに眠ってる」がいちばん好き。「ラブホテルでの一首」らしいです。短歌でなければ別に聞きたくない情景も、〈定型〉がそれを詩にするのだ。

2021/01/10

ゆう

図書館で短歌のコーナーができていたので。あまり短歌や俳句にはかかわってこなかったのですが、投稿式のものとあって、テーマにそった短歌がまとめてあり読みやすかった。一つ一つの短歌の後に穂村さんの解説というか、感想があるのもよき。

2021/03/08

江藤はるは

鳥肌が。

2020/09/24

きみー

穂村弘さんと出会った連載。まとめて読むと改めて短期って面白いな!とハッとしますね。

2020/12/17

感想・レビューをもっと見る