読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

フルコースな女たち (角川ホラー文庫)

フルコースな女たち (角川ホラー文庫)

フルコースな女たち (角川ホラー文庫)

作家
新津きよみ
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2015-03-25
ISBN
9784041029794
amazonで購入する Kindle版を購入する

フルコースな女たち (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

多分、お初の作家さん。読友さんのレビューに誘われての1冊!なるほどねのタイトルと副題に、私の『黒DNA』がニヤリとして読了した。メインディッシュの肉料理が好み。普通の文庫本の厚さなのに、なかなか噛み砕くのに時間がかかる。やっぱり、フルコースだからでしょうか?しかし、ドレスコードは有りませんので、何方様もお気軽に注文してお楽しみ下さい・・フフフ

2015/09/12

itoko♪

フルコース料理に例えた各章毎のタイトルが、こじつけっぽさもありつつも、見事に嵌まっている。食前酒の『転落』の、母親の行動、そしてその行動の意味に気付いてしまった娘…正直 そのオチは要らないような気がしたけれど、これが一番怖かった。フルコースですが、然程しつこくもなく、あっさりと頂きました。

2015/09/29

nyanco

新津さんらしいブラックな短篇集。コース料理に例え、食前酒から様々な切り口の物語が登場するという構成は面白かった。先ず「食前酒」、母親の万引き癖に悩む女性教師、彼女自身が万引きにをして…、「食前酒」の登場のさせ方も絶妙で非常に新津さんらしい作品からスタートさせて大満足。ゼンサイのような女、主人公の男の体験自体は非常に面白い、塩味が少し濃いと言った途端、妻がオムレツを生ゴミ入れに捨てたエピソードも効いている。ただ、導入部で使われた芸能人の言葉にとってつけた感じがあったのが残念。続→

2015/04/23

アッシュ姉

食前酒~前菜に始まり、デザート~特別料理で締めくくられるコース仕立ての短篇集。あっという間にぺろりと完食。じわじわ来る怖さを味わえます。あっさりとした味付けで軽くお召し上がりいただけます。歳を重ねて母親との関係に悩む娘の心情が巧い「転落」「散骨」「薬」の三編が印象的。怖すぎる女三人が仕掛ける「男狩り」が面白かった。初読みだった新津きよみさん。旦那さまは折原一さんとのこと知らなかった!作家同士の夫婦生活ってどんな感じか気になる~。共著の『二重生活』読みたい本にポチ☆

2016/03/30

dorebook

面白い題材で愉しめた作品。食前酒から始まり、前菜・スープ・メインディッシュ魚料理・メインディッシュ肉料理・デザート・そして特別料理と、コース仕立てのダークな男女の駆け引き。好みとしては「散骨/スープ」と、グラニテの「薬ーお口直し」の頁数の上手さ、どこまでもしかっりと獣臭さと噛み応えのある「男狩り/メインディッシュ肉料理」のその後の姦しさに若干胃もたれがおきる怖さが良い。そして、「マタニティ・メニュー/特別料理」の流れの捻りに想像力が掻き立てられ、ゾクッとし堪能できたフルコースメニューでした。

2019/05/21

感想・レビューをもっと見る