読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

きっと、夢にみる 競作集 <怪談実話系> (角川文庫)

きっと、夢にみる 競作集 <怪談実話系> (角川文庫)

きっと、夢にみる 競作集 <怪談実話系> (角川文庫)

作家
中島京子
辻村深月
朱野帰子
小中千昭
内藤 了
小島水青
皆川博子
淺川継太
沙木とも子
添田小萩
東雅夫
幽編集部
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2015-04-25
ISBN
9784041031056
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

幼い息子が口にする「だまだまマーク」ということばに隠された秘密、夢で聞こえる音が生活を脅かしていく異様さ……ふとした瞬間に歪む現実の風景と不協和音を端正な筆致で紡ぐ。読む者を恐怖に誘う豪華怪談競作集。

きっと、夢にみる 競作集 <怪談実話系> (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sin

怪談実話系、今回のテーマは夢である。これこそが実話系、夢を見るという行為に於いてはどの様な突拍子もない怪異でもそのままに描写されているとすれば全ては事実である。一方普段の怪談に於いては例えば祟られた本人にしか感じ取れない霊は果たして実在しているといえるのだろうか?その精神状態がおかしくなった為の幻覚として片づけられるのでは…となれば霊とはそれを感じ取るものだけに開かれる現象「アナタハレイヲシンジマスカ!」信じる者は祟られる。となれば夢はその霊より現実的、身近で恐ろしいものかも知れない。おやすみなさい。

2016/08/03

瑞佳

美しい真紅が目を引く装丁、ジャケ買いもありなイラスト。10人の作家による実話系怪談のアンソロジー。しかしながら「夢見」がテーマのためかそれほど歯の根が合わないようなガチガチのホラーといった風ではなく、どちらかというと奇譚といったニュアンスの短編集。印象深かったのは内藤さんの『恋ひ塚』しっとりとした情緒がありこれぞ怪談といった風情で、読了後の切なさもぴか一。皆川さんの『メタ・ドリーム』は語り口がとても軽快でかっこよく、悪夢との付き合い方がこれまたおしゃれ。そしていちばんのお気に入りは添田さんの『そらみみ』→

2016/10/31

NADIA

夢なので整合性が取れてなくて当たり前だが、実話だとしたら実に恐ろしいと思ったのが「だまだまマーク」。かわいらしい話だと微笑ましく思っていたところに冷水を浴びせられた思い。「そらみみ」は星新一ワールドっぽかった。回復のために寝るのに悪夢を見るなんて、睡眠を司る何者かのものすごい悪意を感じてしまうなあ・・・。

2017/05/04

ピロ麻呂

前回よりひゃっとする怪談実話でした(T_T) やっぱり霊感が強い人は不思議な体験をするもんかな?僕はないなぁ(^-^)

2016/11/06

yu

Kindleにて読了。 夢にまつわる実話系怪談短編集。とのことだったか、実話?っぽくは感じないかな。説明がつかない不可思議な出来事を、自分なりの解釈で懐に収めた的な感覚。ちょっと期待外れな感が否めない。

2016/08/14

感想・レビューをもっと見る