読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たちの関連記事

私もこうして“うつ”をぬけました――ココリコ・田中直樹主演で『うつヌケ』連続ドラマ化に反響続出!

私もこうして“うつ”をぬけました――ココリコ・田中直樹主演で『うつヌケ』連続ドラマ化に反響続出!

 田中圭一のコミック『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』が連続ドラマ化され、2018年秋の配信が決定。この発表に原作ファンからは、「ついにドラマ化キター!」「絶妙なキャスティング!」と大きな反響が巻き起こっている。  同作は田中自身の実体験をベースに、「うつ病」からの脱出に成功した人々を漫画化。他人事にできない身近なテーマが軽妙なタッチで描かれ、累計発行部数33万部突破を記録するなど多くの共感を呼んできた。  ドラマではサラリー…

もっと見る

過去最大ヒットの出発点は「うつ経験の編集者との出会い」『うつヌケ』田中圭一インタビュー

過去最大ヒットの出発点は「うつ経験の編集者との出会い」『うつヌケ』田中圭一インタビュー

今年1月に発売され33万部を超える大ヒットとなった田中圭一さんの『うつヌケ』。マンガとして面白いのはもちろん、極めて社会的反響の大きかった作品だ。   田中圭一 たなか・けいいち●1962年、大阪府生まれ。84年にデビューし、『ドクター秩父山』で人気を集める。代表作は『田中圭一最低漫画全集 神罰1・1』『田中圭一の「ペンと箸」〜漫画家の好物〜』など。現在、WEBサイト「電ファミニコゲーマー」で『若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜』…

もっと見る

「うつ」になる人、ならない人の違いとは? うつを経験した医師が語る処方箋

「うつ」になる人、ならない人の違いとは? うつを経験した医師が語る処方箋

『自分の「うつ」を治した精神科医の方法(イラスト図解版)』(宮島賢也/河出書房新社)  厚生労働省が3年ごとに行う「患者調査」によると2014年のうつ病をはじめとする「気分障害」の患者数は111.6万人。これは医療機関を受診した人に限られているので実際はもっと多く、病気というほどではないが気分がすぐれない「予備軍」も含むと1000万人、つまり国民の約10人に1人が該当すると言われている。  そんな、誰もがそこはかとなく怯える「うつ」。しかしこれ…

もっと見る