読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

乙女の美術史 日本編 (角川文庫)

乙女の美術史 日本編 (角川文庫)

乙女の美術史 日本編 (角川文庫)

作家
堀江 宏樹
滝乃みわこ
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2016-07-23
ISBN
9784041040263
amazonで購入する Kindle版を購入する

乙女の美術史 日本編 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けやき

またまた「乙女」でないのに読みました~w とても楽しめました。

2016/11/10

ゆきこ

シリーズ3冊目。「乙女」という独特の視点からの考察が相変わらずおもしろかったです。近世の浮世絵、特に「萌え絵」のくだりが特に興味深かったです。

2018/04/23

木賊

日本の美術史を『乙女』視点で解説。偶然、直前に雪舟が主人公の小説を読んでいたのだが、この本でも雪舟が紹介されている。小説では多くの言葉を以って語られる人物像を、ずばり一言で(しかも面白く)表してしまう本シリーズは、やっぱり威力がある。仏像の話が面白かった。執着を否定する宗教でも、仏像には流行り廃りがある。今度仏像を見る事があれば気にしてみよう。

2018/12/02

ち〜

このシリーズ好きなんです、分かりやすくて読みやすい。今回は美術史という事で今ブームの伊藤若冲にも触れられていて面白かったです。

2016/11/03

getsuki

乙女の〜シリーズ第三弾は日本の美術史。相変わらずサブカルネタをぶっ込んで笑わせてくれるね、著者……。真面目なネタが頭から飛びそう(笑)

2016/07/29

感想・レビューをもっと見る