読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「違うこと」をしないこと

「違うこと」をしないこと

「違うこと」をしないこと

作家
吉本ばなな
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-10-12
ISBN
9784041050644
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「違うこと」とは、
“その人の生き方の中で、今ここでするべきではない”こと。
→→「なんか違う。」その直感がそう教えても、義理とかしがらみ、習慣に縛られて、我慢したり、そんな風に思う自分を責めたりしていませんか。自分を生きるって、むずかしいこと。これをすれば幸せになれるとか、これをやめないと不幸になるとかではありません。自分を生きるためには、まずは自分に正直であること。本来の自分を生きるには違うことをしないことが大切なのです。

カバーイラスト:とみこはん ブックデザイン:鈴木成一デザイン室

第一章 自分を生きる
自分を生きるって、むずかしい/ノイズが多いから、人は何度も自分を見失う/違うことをしなければ、違わないことがちゃんと返ってくる
第二章 対談 吉本ばなな+白井剛史(プリミ恥部)
第三章 わたしを生きる
子ども時代を生き延びるということ/自分が変わっていなくても、周りが変わってしまう/人間は全部見せて歩いている/「自分は自分」という人をむりに集めると、空中分解してしまう/自信を取り戻すということ
第四章 対談 吉本ばなな+CHIE
第五章 時間、お金、神様、わたし
第六章 教えて、ばななさん。
おわりに
(本書の内容が一部変更になることもあります)

「「違うこと」をしないこと」のおすすめレビュー

「なんとなく生きづらい…」から脱出! “自分らしく生きる”ために大切なこと

『「違うこと」をしないこと』(KADOKAWA)

 なんだか調子が出ないとき、「新しいこと」を始めてみるのはよくあること。それが本当にずっとやりたかったことならいいけれど、「〇〇しなきゃ」で始めたことは、たいていうまくいかなくて、むしろより空回りする。冴えないなあ、と思ったときはいつもどおり過ごすことが意外と大事なのだ……と気づかせてくれるのは、吉本ばななさんの『「違うこと」をしないこと』(KADOKAWA)。「自分を生きる」をテーマにつづられる最新エッセイだ。発売直後から老若男女問わず「突き刺さる……!」と反響を呼び、即重版した一作である。

〈本来の自分を生きるには、違うことをしないのが大切。じゃあ「違うことをしない」ってどういうことなんでしょうね〉という問いかけから始まる本書。なんかいやだ、という直感をはじめ、自分の素直な願いや違和感をスルーしないことだとばななさんは言うが、わかっていても実践するのはむずかしい。世の中にはしがらみというものがあるし、好きなことだけして生きていくなんて無理だ。……でもじゃあどうして無理だと思うんだろう? 無理を…

2018/11/5

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る