読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア (2) (角川コミックス・エース)

MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア (2) (角川コミックス・エース)

MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア (2) (角川コミックス・エース)

作家
桐嶋たける
ACPI
TYPE-MOON
フランスパン
奈須きのこ
出版社
KADOKAWA
発売日
2016-12-26
ISBN
9784041051245
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

人類滅亡の到来を少しでも先に延ばすことを目的とした組織「アトラス院」。とある出来事によって半吸血鬼化してしまったシオンは、アトラス院を後にし、さつき、リーズバイフェとともに日の当たらない生活を送っていた。そこにアトラス院長・シアリムが現れる。彼女は数々の“確定された未来の世界”を用意する。“シオンがアトラス院長になった世界”“オルガマリー・アニムスフィアと出会う世界”――しかし、どうしても絶望の結果が待ち受けていた。それでも、シオンは「未来は変えられる」と信じ続けられるのだろうか? そこに、とある女性が姿を現す。

MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア (2) (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

烟々羅

ファンが考察の材料にしているのをみて一巻を読んでから、ほぼちょうど一年か。 いまはすっかり流行となった系統ゲームでまたひとつ新たな展開があり、情報が大量に開示されて、引用されることが多くなった。一巻での悪い印象も薄れたので、また読みたいと手に取る。ストーリはこの二巻で完結していたし、一巻でうっとうしく感じたギャグも減じ、総体としての印象・評価は著しく良くなった。個人的に、画による人物の見分けが苦手なので、これだけ設定が緻密で山盛りならば文章媒体で発表してほしかったという憾みはあるが納得はした。

2018/01/17

soft&wet

型月作品をリンクさせる、しかもそのリンクの中心点がギャグ時空でありながら、シリアスの極みのような各シリーズの設定やキャラと交錯し、思考実験を織りなしていく そして最後はギャグ時空に返る すごいマンガでした まず読者に求める型月リテラシーが高すぎる 全然わからない でもわかった部分の1つ1つは、こんなマルホランドドライブみたいな錯綜した話なのにちゃんとグッとくる 決められた滅びを前にして、どのように闘う意思を持てるのか そのそれぞれの決意が紡がれるまで やがてオルガマリーはカルデアへ、ラニは月へ…

2018/02/23

†JAN†(ソエル)

私たちひとりひとりが滅びに打ち勝つことは叶わなくても、共に立ち上がることはできます。

2016/12/26

滝壺

全作品を追ってても割と難解だった一応、FGO・2015年時計塔・EXTRAにつながるんだろうけど・・・結局グレートキャッツビレッジはなんなんだろうねぇ

2016/12/30

とおび

月姫、メルブラ、エクストラ、それらに触れずに、FGOのみの知識しか持っていなかったため中々わからないことばかり。月姫は難しいにしても、他の作品に触れた後、また読もうと思う。

2017/02/19

感想・レビューをもっと見る