読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

世界一のクマのお話 クマのプー (角川文庫)

世界一のクマのお話 クマのプー (角川文庫)

世界一のクマのお話 クマのプー (角川文庫)

作家
A・A・ミルン
森絵都
E.H.シェパード
ポール・ブライト
ブライアン・シブリー
ケイト・ソーンダズ
ジーン・ウィリス
マーク・バージェス
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-07-24
ISBN
9784041053737
amazonで購入する Kindle版を購入する

世界一のクマのお話 クマのプー (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

だまだまこ

大好きなプーのおはなし。90周年ということで現代の4人の作家さんが書いたという春夏秋冬の物語。そして訳は森絵都さん!翻訳でいきいきしてくるっていうのはこういうことか、と思うくらい言葉選びが素敵。原作のミルンさんの雰囲気も出ていて、プーののんびりさや、コブタのびくびくした様子、イーヨーのネガティブさなど、よく伝わってきてくすくす笑えた。とっても癒される。

2019/10/21

ナヲ

大好きなくまのプーさんの本を誕生日にもらいました。新しいお話はそのどれもが、どこまでもプーらしく、コブタらしく、いつもの森の仲間達でした。プーとクリストファーロビンの友情に安堵と癒しももらえます。そしてオールカラーの挿し絵も素敵。プーは本当に世界一のクマです。

2018/11/24

たるき( ´ ▽ ` )ノ

ほわ〜、和むなあ(*´ω`*)これはこれで面白かった♪新たなプーさんのお話に出逢えて良かった!

2018/09/01

ポップ

本作はA.A.ミルン原作を4人の作家が共作した「クマのプー」の新しい物語です。四季折々の森をプーと仲間たちが生き生きと動き回っていました。個人的には、プーとコブタのコンビの愛くるしさがたまりません。表紙になっているハチミツとドングリを持つ姿、秋の章で手を繋いで歩く姿、夏の章で木の棒に荷物を引っ掛けて歩く姿などなど、いくらでも推せます。E.H.シェパード原案を踏襲したイラストは、文庫本サイズの絵本としても眺めていられます。あとがきにあるプーの魅力についての賛辞は、森絵都さんの柔らかい訳あってのものですね。

2020/08/31

☆初音☆

くまのプーさんの春夏秋冬四つの短編集。森絵都さん訳。四人の作者がそれぞれの季節を担当してる。それぞれの世界観も出ているけど。全体的にかわいい!!!考えてみたらプーさんの原作って読んだことないなぁ。イラストもかわいい☆

2019/08/22

感想・レビューをもっと見る