読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ははのれんあい

ははのれんあい

ははのれんあい

作家
窪美澄
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-01-28
ISBN
9784041054918
amazonで購入する Kindle版を購入する

ははのれんあい / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

「悪い人が出てこない作品、ただし主人公の夫を除いて」と綺麗にレビューをまとめるつもりだった、物語の後半を読むまでは。一言で言えば「優しい家族の物語」。家族の形は少しずつ変わっていく、渦中のメンバーが望むとも望まぬとも。窪さんの代表作にはならないかもしれないが、こういう優しい小説、わたしは嫌いじゃない。他人に責められても、人には「落ちてしまう感情」というものがある。そんな感情を描かせたら窪さんはピカイチだと思う。いちばんの犠牲になってしまった長男の「ちーくん」には、ただひたすら幸せになって欲しい。

2021/03/09

starbro

窪 美澄は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。昭和の働く母の半生紀、母は強し、感動の家族物語です。しかし智晴君は、何て良い子なのでしょうか? 小説の中身は好いですが、タイトルと中身のギャップを少し感じました。 https://www.kadokawa.co.jp/topics/5342

2021/02/19

いつでも母さん

『私は、この子のためなら、なんだってできる。』それが引っかかってこのタイトルから何処へ向かうのだろうとページをめくる手が止まらない。一部は離婚まで、二部はその後の家族を描いている。由紀子の内面が蛇行しながら辿り着く先を期待した私をぶった切って、15歳の長男・智晴が出来過ぎて切なかった。離婚しても親子は親子。離れて暮らしても家族は家族。それはそうなんだけれども、私の心はしっくりこない。夫であり父の智久の描き方が不満なのだ。だが、部外者が何をかいわんやなのだな。時は人を大人にするのか?ハッピーエンドで良い?

2021/02/22

のぶ

タイトルと過去に窪さんの作品をイメージするとはぐらかされる。ストレートな家族の一代記だった。最初、主人公の由紀子は夫の智久と義理の両親に囲まれ幸せに暮らしていた。そして長男の智晴が生まれ、育児と仕事を掛け持って懸命に暮らしていた。やがて、双子の弟が産まれた辺りから、次第にひずみが生じて離婚に至る事になる。第二部に入り、子供も成長し智晴は弟の面倒をみるようになる。その後も家族によくある出来事が次々に描かれていく。ある意味平凡な家族小説だが、人物描写が秀でていて、余韻を持った美しいラストも印象的だった。

2021/02/14

モルク

衣料の縫製を家業とする義理の父母、夫と共にミシンを踏む由起子。優しい夫とかわいい息子智晴との慎ましいながらも幸せな生活を送っていたが、家業が傾き、夫は転職由起子もアルバイトを始めるという生活の変化が。そして双子の息子たちが生まれると、夫の浮気、義母の死そして離婚。一番近くで母を見ていた智晴が後半の主人公。働きづめの母の代わりに弟たちを支える智晴。ぐれても不思議はないのになんと健気な。最後はうまくまとまりすぎてもう少し毒があってもと思うが、智晴の優しさとできた人間ぶりに、私の意地悪な心も揺らいだ。

2021/04/11

感想・レビューをもっと見る