読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

蜘蛛ですが、なにか? (3) (角川コミックス・エース)

蜘蛛ですが、なにか? (3) (角川コミックス・エース)

蜘蛛ですが、なにか? (3) (角川コミックス・エース)

作家
かかし朝浩
馬場 翁
輝竜 司
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-06-09
ISBN
9784041056462
amazonで購入する Kindle版を購入する

蜘蛛ですが、なにか? (3) (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

るぴん

レンタル。猿達との壮絶な闘いを経て、蜘蛛子がレベルアップ。今のゲームはよく知らないけれど、こんなにたくさんのスキルがあるの⁈スキルの説明もやたら長くて、ちょっと疲れる…。

2018/01/27

exsoy

猿を退けて中層攻略戦。ナマズうまいのか。

2021/03/15

ネムコ

上層と下層があって、なぜに中層がマグマ地獄? しかし今回の目玉は、『良かったねぇ、美味しい魔物(ナマズ)にありつけて♥』 ずっとマズいのを我慢して食べてたんだもの。でも次の瞬間「よし、ナマズを狩ろう」っていうのはこの世界に染まってる証拠。無理もないけど。しかしスキルとかレベルアップとか、漫画だから良いけど小説だと読むのが大変そうだなぁ…。

2018/08/26

capeta

猿を倒して地竜に出会って下層から中層へ。進化もしたよ。傲慢スキル獲得でステアップ。弱点のマグマゾーンをどう攻略していくか。強すぎるスキルをすぐに使いこなせるわけではない現実的な設定も好み。次巻も楽しみ。

2018/10/23

おりぜる@論文終わるまで読書可能時間激減

昔読んだ本に感想を追加。Kindle版。猿さんはえげつなかった。迷宮中層、火山エリア編へ。web版しか読んでないので、書籍版の追加要素?のたまごのことは知らなかった。どのくらい展開が分岐するんだろう?続きが気になる。

2017/06/23

感想・レビューをもっと見る