読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

オトコのカラダはキモチいい (角川文庫)

オトコのカラダはキモチいい (角川文庫)

オトコのカラダはキモチいい (角川文庫)

作家
二村ヒトシ
岡田育
金田淳子
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-12-21
ISBN
9784041058756
amazonで購入する Kindle版を購入する

オトコのカラダはキモチいい (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鉄之助

単なるエロ対談集かと思ったら、なかなか学術書バリの蘊蓄満載。脚注がきめ細かくかゆいところに手が届いている。穴とオッパイの歴史が網羅され、勉強になった。帯で推薦文をかいている、ラッパー宇多丸(ライムスター)の「心の穴が次第にほぐされ、すっかり開発されてしまった。オレたちはまだ、本当の快楽を知らない」は大いに肯ける。

2018/09/02

藤月はな(灯れ松明の火)

男性も女性も気持ちいいAVを撮る監督さんと腐女子でBL研究家の二人が男性の身体の快楽について、ねほりんはほりん。この本を読んでいて、映画『デッドプール』でヴァネッサとウェイドの国際女性デー・プレイや『君の名前で僕を呼んで』の原作で「男・女でもなく、どちらでもない存在として愛し、愛されたい」という一文に対し、「自分の求めていたセックス観はこれだったんだ!」とユウレカした気持ちが蘇りました(笑)アナニーの女王様、チクニー、やおい穴。いや~、本当に知らない事ばかりで奥が深いなぁ。

2019/05/19

まさきち

やおい穴に雄っぱい・雌っぱい、チクニーにアナニーなど、今まで触れたことのない言葉に出会えて語彙を増やしてくださった一冊。自らの体に対する探求心も喚起してくれたかもしれないと思いながら読了。それにしても二村氏、金田氏、岡田氏のテンポの良い会話は非常に楽しめました。

2018/09/06

きっしぃ

全文試し読みできるとのことで、なんとなくタイトルで読んでみたが、BLの話だったかー💦存在は知ってるし、否定はしないけど、わたしは全く興味持てず…💦やおい穴の存在には意見が別れてたりとか、モザイクや、光での加工についてはちょっと面白かったです(笑)中学生で初めてBLの世界を知ったときは、本当に衝撃だったなー😅

2018/11/30

瀧ながれ

たいがいの本なら涼しい顔で書店内をレジまで持っていけるわたくしですが、これはちょっと、恥ずかしかった。本を持って恥ずかしかったのは珍しいなあ。タイトルだよなあ…。BL好きの腐女子二人と男性の快感をよく知るAV監督が、オトコのカラダの快感のツボについて語り合う本。BLというファンタジーとリアルな男性の肉体の両方について、たいへん丁寧に赤裸々に研究してるので、BL好きのみならず、パートナーの男性を悦ばせたいすべての人に楽しい一冊でしょう。ゲイの男性がBLの楽しみ方に開眼するクライマックスになんか感動しました。

2019/01/06

感想・レビューをもっと見る