読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴

RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴

RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴

作家
荻原規子
酒井駒子
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-12-21
ISBN
9784041060704
amazonで購入する

RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

不自他

特典や書き下ろしをまとめた短・中編集。深行君は宗田姉弟や高柳君に比べ、異能も人脈も明らかに劣っているのに本当によく頑張っている。『自分の手足を動かす範囲でかなうことくらい、最後まで努力してやるよ』という台詞に、彼らしい達観しつつ展望を持ち続ける逞しさが溢れていた。また真響さんの悩みが少し晴れて良かった。宗田家での苦労はまだ続くでしょうが、真夏くんの機転により大きな成果を残せたので形勢は変わっていくのでしょう。大変面白かったので文庫化したらそちらも買いたいです。

2017/12/23

風眠

なんでもない日にもらうプレゼントって、とっても嬉しい。この本を手にした時、そんな嬉しさだった。続編はもう無いだろうなって思っていたから、なおさら。深行目線のスピンオフ的な短篇3つと、がっつり続編、読み応えたっぷりの中篇がひとつ。あぁなんて豪華なプレゼントなんだろう!気になっていた泉水子と深行の恋の行方。このあたりの事は、あぁもぅじれったい!教えてよ!って、やきもきソワソワ。完全に語り手・真響と同じ心境だった(笑)スケート合宿、バレンタイン、新たな恋の予感?とはならないのがRDGらしさ。可愛くて微笑ましい。

2018/02/16

ままこ 🐸

RDGスピンオフ。中三の初夏から高一までの深行視点。クールなイメージの深行だが泉水子への想いは初々しくてニヤニヤ。タイトル『氷の靴 ガラスの靴』は真響視点のスケート宿泊学習での出来事。三つ子が絡んだハラハラとした展開。面白かった。酒井駒子さんの装画も素敵な大好きなRDGシリーズ〈チーム姫神〉大学生編も読んでみたいな。

2018/05/09

mocha

深行の短編3本と真響の中編。本編からかなり空いたので思い出せないことも多く、1巻から読み返したくなった。表題作は読み応えがあったけれど、やはりスピンオフよりも本編の続きが読みたい。チーム姫神や今回出てこなかった雪政や両親にもっと活躍してほしいな。今作も楽しかったけれど、それだけにまたその先を知りたい気持ちがぶり返した感じ。

2018/02/27

pukupuku

いやぁ,なんでかよく分からないんだけど,このシリーズの空気感が手放しで好き。泉水子の健気さ,脆さ,力強さ。深行の醒めた感覚と燃える(萌える)闘志(ツンデレともいう)。宗田三きょうだいの結束力と包容力と統率力。姫神,山伏,忍びに陰陽師,人ならぬものの数々。全てのものが導きあう絶妙のバランス。いつもこの物語の独特の世界観に引き込まれ,読んでる間、周りの音が聞こえなくなる。

2018/04/09

感想・レビューをもっと見る