読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぐうたら生活入門 (角川文庫)

ぐうたら生活入門 (角川文庫)

ぐうたら生活入門 (角川文庫)

作家
遠藤周作
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-08-24
ISBN
9784041063347
amazonで購入する Kindle版を購入する

ぐうたら生活入門 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ビィーン

これは面白い。辛辣で下品な言葉が多くて、今の時代なら大炎上間違いなし。きっと遠藤先生は立憲民主党や共産党、そして自称リベラル知識人の輩に批判されっ放しだろうよ。日本人は不寛容になってしまった。

2021/05/19

そら

たまたま見た動画の女子大生の文学YouTuberの方がこのエッセイを面白いと紹介していたので、読んでみました。読みやすくて面白かった(っ´ω`c)。ぐうたらな部分もあるあると共感できる部分もあり、昭和の文豪な雰囲気も満喫できて、本当によかったです。

2021/05/22

Carol

現代と変わらないんだなと思うところと、この何十年かでこんなにも変わったのか!と思うところと両方。大学構内に女性トイレがないなんて想像したこともなかった。しかし便秘症の女性はケチっていうのは傷つくわーw

2018/10/13

Roco

小説家のエッセイ。 時に辛辣、また軽快なユーモアがおもしろい。 飼い犬の姿に人生の寂寞を感じたり、生理現象と哲学を結び付けたりと痛快。 また、当時の文化(慶應大学、コックリさん)も興味深い。 楽しい時間を過ごすことができた。

2019/08/14

necoko19

★★★

2019/01/09

感想・レビューをもっと見る