読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

奪うは我なり 朝倉義景

奪うは我なり 朝倉義景

奪うは我なり 朝倉義景

作家
吉川永青
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-04-27
ISBN
9784041064429
amazonで購入する Kindle版を購入する

奪うは我なり 朝倉義景 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

浅井朝倉と一緒くたに日本史で覚えた名前。朝倉義景の事はほとんど知らない。家臣にも理解されぬ生涯だったのだなぁと読後はちょっと複雑。信玄が死んでいなければ・・と云ったところで信長にはきっと敵わなかっただろう。確かに異彩を放つ人物像が浮かぶもあの頃、時代は織田信長を欲したのだろうさ。

2018/05/29

あさひ@WAKABA NO MIDORI TO...

吉川永青が描く朝倉義景。信長メインの作品の中で、越前の主としての義景に触れることはあっても、義景メインの作品となるとお初だったかも。タイトルに見るとおり、我欲が強く、また自分の感情のままにふるまってしまうためか、見ようによっては気味悪く映るが、良く言えば、自分を飾り立てることなく、むしろ人間味があったとも言えないか。そんな義景をして『化け物』と言わしめた信長だったからこそ、天下を手中に納めることができたのかもしれない。生き残るための裏切り、そんな戦国の世の非情感がてんこ盛りの作品でした。

2020/02/22

とん大西

肩書きに固執する権威主義者。自己チューでプライドの高いマゾヒスト。信長という大波にのまれた越前の古豪朝倉義景。本作ではなかなかの狂気っぷりが炸裂。略奪に愉悦を感じ、愚者を装い信長を追詰める。最後の最後に奪うは我なりと-。その心の咆哮、果たして義景にとって奪うべきは何だったのだろうか。-『七転八倒して悶え苦しむだけだった生涯。虚しいまま死に至る』-40年を振返った義景辞世の句です。諦念と失望。ホンマは気弱な凡人やったかも。それでも越前の栄華は善政の賜物。暗愚というには酷か。不向きやったんやろね、戦国の世が。

2018/06/30

巨峰

史上足利義昭が整えたとされる信長包囲網を義景の手柄にしていた。それでもしないとほんとに何もしなくて滅びた人になってしまうからな。逆に、人知を超えた信長の描写がなかなか鋭くて怖かったです。(本作は、驚きの表現の軽さが気になりました。)

2019/01/13

ren5000

信長がらみで名前は知っていても人となりはあまり知られてない朝倉義景。個人的には越前を豊かな城下にし、信長を追い詰めたなかなかの人物と思っていたけどこの本を読むとかなり歪んだ性根を持つ狂気の人というイメージ。それを喰らう魔王信長がより引き立つ内容でした。楽しめた。

2018/07/12

感想・レビューをもっと見る