読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

復活の日 (角川文庫)

復活の日 (角川文庫)

復活の日 (角川文庫)

作家
小松左京
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-08-24
ISBN
9784041065815
amazonで購入する Kindle版を購入する

復活の日 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

れみ

感染後70時間以内に生体の70%に急性心筋梗塞を引き起こし残り30%も全身麻痺で死ぬ。そんなMM菌が不測の事態によって世界中に蔓延する…というお話。MM菌の由来や高すぎる致死率、ありふれたウィルスとともに運ばれていくということが本当に恐ろしく、新型コロナの怖さともどこか似ている気がする。世界各地の無関係そうな出来事がすべて繋がっていてジワジワと広がりあっという間に手の施しようのない事態になっていくのが怖く辛く悲しく、そこから残された人々の身に起こったことには人間が逃れられない欲望や疑心を感じざるを得ない。

2020/08/07

keroppi

新型コロナウィルスの現状を見るにつけ、この本を思い出し、久々に読み返した。細菌兵器として作られたウィルスが世界中に蔓延し、人類滅亡を迎えようとする。なんと1964年に書かれたSF小説だが、科学的解説とその当時の社会背景を踏まえて展開する話は、今読んでも読み応えあるし、なんと言っても、今を予言していたのではなかろうかという緊迫感。しかし、小松左京は、人類破滅を描きたかった訳ではない。タイトルが「復活の日」というように、人類の知恵と努力は、未来に向かって進んでいくのだ。今の事態も早く落ち着くことを祈りたい。

2020/02/24

おたま

世界がパンデミックに陥っている今こそ読みたいと思い、昔読んだときのことを思い返して読んでみた。小松左京がこの作品を書いたのは1964年。生物細菌兵器として開発されたMM-88によって世界が滅びる物語なのだが、その初期症状は「風邪」。刻一刻と「風邪」によって世界がパンデミックに覆われていく姿は、まるで今現在を小松左京が見たかのように書かれている。さらに現在の状況を小説は超えていってしまう。途中でスミルノフ教授が、滅亡していく世界に向けて発信する「知性による連帯」の思想こそ今必要なことだと思う。

2020/03/29

ざるこ

何日もかけて読んだ。そして毎夜ベッドに入ると物語が頭の中で再生され苦しくてしばらく眠れない。トラウマ本に認定。新種の細菌による人類の滅亡。ある事故から拡散された細菌は地球上の生物を猛スピードで襲う。次々に死んでいく。人災以外の何ものでもない。全ての機能が停止した静寂の世界は想像するだけで鳥肌が立つ。死の迫る者たちの心情、国家代表者たちの行動、南極人の子孫問題など人間ドラマが呆れるほどリアル。人間の醜い争いや愚行、結末の強烈な皮肉までぐっさりと胸に突き刺さる。何が怖いってこんなの書ける小松左京氏が一番怖い。

2019/12/11

ジンベエ親分

時事ネタ読書その2(笑) 中学時代に読んでいた本なのだけど、今読むと人類を絶滅させたMM系列の設定に唸る。他にもインフルエンザをミクソ群ウイルスと分類していたり、A1型とかAマイナス型といった型別をしているのが懐かしい(リアルでは知らんけど笑) この手の破滅モノにありがちな、あまりに広範の出来事を扱うので読み手が感情移入する対象を見つけにくい嫌いはあるし(グレッグ・ベアの「天空の業火」)特に終盤の決死隊決行のロジックなど、東西冷戦という時代を強く感じるが、それでも人類滅亡モノSFとして不朽の名作だと思う。

2020/05/05

感想・レビューをもっと見る