読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る 下 (角川文庫)

女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る 下 (角川文庫)

女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る 下 (角川文庫)

作家
宮部みゆき
日本ペンクラブ
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-12-22
ISBN
9784041066508
amazonで購入する

女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る 下 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mamaboo

感想はまとめてこちらに。かわせみや宮部作品など読んで物もあったが、ほかの作者さんも読んでみよう。

2019/02/15

冷や中

新年1冊目は宮部みゆき氏が選ぶ捕物帖アンソロジー その下巻。好きな作家さんばかりなので、既読のものが多いのも承知で(^^ゞ  陰暦11月1日、夜八つ(AM2時)に劇場顔見せの一番太鼓が鳴らされる(朝井まかて著「急用札の男」)…いくら好きな芝居でも朝早すぎは勘弁wちょと迷惑ww なぜ「武家の出らしく右肩上がり」なのかは『漂砂のうたう』で教わりました。 あと、まだ22歳のおるいさん@御宿かわせみ も登場。さすがは捕物帖、全部が全部、すごくおもしろい! 早く上巻を見つけだして読みたいです!!

2019/01/02

まこつ

シリーズものの一編もあり、前後が気になるよなー。   積ん読が増えないように自制しないと。

2019/01/17

感想・レビューをもっと見る