読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

検事の本懐 (角川文庫)

検事の本懐 (角川文庫)

検事の本懐 (角川文庫)

作家
柚月裕子
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-07-24
ISBN
9784041066591
amazonで購入する Kindle版を購入する

検事の本懐 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

キムトモ

前作でヤメ検弁護士だった佐方貞人の短編集。長編が面白く短編読んでみたら物足りないなぁ〜〜と思ってしまうことが多々あるのですが…この短編集はそんなことも感じず良い短編集だったなぁ〜〜が感想👍🤔佐方検事の生い立ちやエピソードが凝縮され、それほど魅力を感じていなかった佐方貞人のキャラが物語毎に幾層にも幾層にも構築されていき魅力アップ🔺していきました👍(ノ-_-)ノ~┻━┻この後のお話も楽しみだ👍👍👍👍👍

2020/04/28

どんふぁん

2019年1月19日読了。これを読んで佐方ファンが多い理由がわかりました。佐方が検事をしていた時の話ですが、佐方自身の人柄がかなり出てると思います。佐方男前、ってか渋い、芯の強い人。佐方本人の生活感はないです。でも人間としての魅力はすごくある人ですね。こんな検事さんが日本中にいたらいいのにねぇ。

2019/01/19

nico

「自分は事件をまっとうに捜査するだけ」といつもクールな佐方シリーズ第2弾。検事時代の若き佐方の人となりを知り、ますます好きになった。5編の短編はどれも男くさいヒューマンドラマ。佐方のカッコいい生きざまに魅せられた。「相手に真実を吐かせようと思ったら、人間として向き合うべき」まだ若造のくせに、こんなセリフをさらりと言うところがまた憎い。違和感を覚えたことは納得するまで追及し、事件の裏の裏まで貪欲に調べあげる佐方。そんな佐方シリーズも次回第3弾で終わることが非常に残念でならない。

2018/12/10

小説を最初に書いた人にありがとう

柚月裕子作品にはまり一気に三作目。この作家さんが書く男性キャラが男から見ても格好がいい。作者名を聞かずに読んだら男性作家の文章と思う気がする。今作も佐方貞人検事の短編集、この主人公がとにかく語らない。それでいて一編一編を読むうちに人間性が浮き彫りになりながら心揺さぶられるストーリーがある。軸になるのは正義とはなにかという骨太なテーマな気がする。特に高校時代のエピソードも絡めた「恩を返す」が好みであった。「本懐を知る」と合い通ずる部分としては人としての正義が時としては法よりも重要と訴えている気がする。

2019/07/16

akiᵕ̈*

佐方シリーズ2作目。検事時代の佐方が向き合う5篇の物語。無骨で愚直な佐方の信条は、検事である前に人として参考人と向き合い、相手の人権を尊重すること。言葉が少ないだけに、その一言一言がとても心に響くし、その言葉の中には計り知れない深い愛を感じてしまう。最後の「本懐を知る」の意味。そこまでの持って行き方、そのセリフで、佐方がこれまで背負ってきた人生というものがとても表現されている気がしました。この物語は広島弁がとても自然に溶け込んでいて、それも心地よいです。

2019/10/14

感想・レビューをもっと見る