読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

涼宮ハルヒの消失 (角川文庫)

涼宮ハルヒの消失 (角川文庫)

涼宮ハルヒの消失 (角川文庫)

作家
谷川流
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-02-23
ISBN
9784041067703
amazonで購入する

涼宮ハルヒの消失 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

映画にもなった有名な巻。個人的にはここが涼宮ハルヒシリーズの重要なターニングポイントだと思う。みなさんキョンに何らかの好意を持ってるような気がするがどうなんだろうか?

2019/08/06

hnzwd

筒井先生に『とりあえず消失までは読め!』と言われて、完走。すごいわ。やりきった感ある作品。

2019/03/04

kubottar

映画化もした人気エピソード「消失」です。アニメで観た内容はすっかり忘れていたので、とても新鮮な気持ちで読むことができました。いなくなって初めてわかる寂しさかな。

2020/09/05

おうつき

筒井康隆御大が最高傑作と評していた今作。期待値高めで読み始めたがそれをさらに上回る完成度。これまでのシリーズの要素を詰め合わせたSF.青春小説の傑作だった。過去の作品の舞台裏が明かされるのはどことなくバックトゥザフューチャーシリーズっぽい。

2019/05/26

ジロリン

「退屈」「溜息」はアニメで既読?なので(それだけアニメが原作への忠実度が高かった、という事です)、筒井康隆が絶賛した本作だけレヴュー。これは作者からの読者への問いかけ「今まで君たちの大好きなラノベ世界を楽しんでもらった。さて君たちはまだまだこういう世界の物語を読みたいかい?それとも…」なのだろう、と読んだ。いやはや、現実の読者をも巻き込んで展開する、まさに〈メタラノベ〉。このあたりが妄想を垂れ流すだけの通俗的な作品と「ハルヒ」が一線を画している所以なのだろう。面白い!

2019/03/10

感想・レビューをもっと見る