読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川文庫)

作家
谷川流
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-01-24
ISBN
9784041067734
amazonで購入する

「涼宮ハルヒの憂鬱 (角川文庫)」の関連記事

平野綾ら「涼宮ハルヒの憂鬱」声優陣が“ハルヒダンス”動画を投稿! ファンから「やっぱりこのコンビは最高」と歓喜の声

『涼宮ハルヒの憂鬱』(谷川流/KADOKAWA)

 2006年に放送され、社会現象クラスのブームを巻き起こしたテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」。新型コロナウイルスの影響による外出自粛を受け、同作のメインキャストたちがダンス動画を次々と投稿し、「伝説が目の前に! ありがとうございます!!」「これはもう泣いていいやつだ…」「キレッキレのダンスで素晴らしい。元気をもらえました!」と大きな話題を呼んでいる。

 「涼宮ハルヒの憂鬱」はライトノベル作家・谷川流の「涼宮ハルヒ」シリーズを原作とした非日常系学園ストーリー。とくに注目を集めたのは、涼宮ハルヒを含む「SOS団」のメンバーが主題歌の「ハレ晴レユカイ」に合わせて踊るエンディング映像だ。通称“ハルヒダンス”はアニメの世界を飛び出し、放映当時は多くのファンたちが振り付けを真似たダンス動画を投稿していた。

 涼宮ハルヒ役を演じた声優・平野綾は、2020年4月26日(日)にTwitter上で「#お家で全力ハレ晴レユカイ」というハッシュタグつきの動画を公開。動画内では公式から許可を得て収録されたアニメ映像と共に、平野が…

2020/5/2

全文を読む

関連記事をもっと見る

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

この本を初めて読んだのは高校時代だったがやたら独り言が多い印象だったが、実はキョンの頭のなかの思考だったのかと面白い書き方をしていて、ハルヒもみんなかわいい印象を受けた。

2019/08/06

Akihiko @ VL

谷川流さん初読。角川スニーカー大賞受賞作。涼宮ハルヒシリーズ第1作目。世界を改変させる自律進化の技術的特異点。その情報爆発の中心に1人の少女が佇んでいる。少女は鮮やかな幸せを願い、笑顔を振りまきながら宇宙と未来を開闢へと導いていく。だが、他者にとっては、恣意的で滑稽で我儘なその願いは宇宙と未来を破壊へと誘っていく。情報の創生という恐るべき力の頂点に立つ少女がもたらすのは、果たしてどちらなのか。できるなら、この憂鬱な感情をいつまでも抱きしめていたい。世界がいつまでもどこまでも継続していきますように。

2019/02/10

zero1

人気のラノベを読んでみた。高1のキョン視線で進む。彼は宇宙人や超能力者、未来人を求めるハルヒと出会う。5人でSOS団を結成。本格的に話が動き出すのは100ページを超えてから。スニーカー大賞だそうだが読んでいて退屈。【白雪姫】などラノベの質はこんなもの。もし私が中1だったらワクワクせず【この程度か】で終わっていたはず。正直に書くと、これは子どもだましだ。再読に値しない。何事も自分で読んで判断するのが第一。シリーズの続きを読まない理由ができたのは大きなメリット。読書入門として読む以外、本書の価値はあるのか?

2019/11/22

Aster

アニメは視聴済み。出来れば角川スニーカー文庫の方を読みたかったが… 筒井康隆の解説にも書かれているように、これは立派なSFでありかつラノベ的要素もある。稀有な作品だと思う。ペダンチックなキョンの独白も全く苦にならないし、アニメを見ているのに展開にも退屈しない。消失までは読みたいと思えた。ちなみに消失の映画も大好きです。

2020/09/23

りいこ

ライトノベルの金字塔が一般向けに再文庫化。すごく流行りましたよね。アニメは見ていなかったけれど、主題歌や挿入歌は繰り返し聴いたし、ハルヒ役の平野綾ちゃんも好きだった。ラノベを敬遠しがちな私が「一般向けに再発売されたのならこれを機に…」と思い購入して読んだわけですが、結果、面白かったです。筒井康隆氏の帯文・解説にあるように「優れたユーモアSF」でした!こうして再文庫化されなければずっと読まないままだったと思うので、こういうのは有難い。続きも読みます。

2019/02/01

感想・レビューをもっと見る